AmazonがAIスピーカーAlexaに対応するスマートグラスを開発中か

Amazonは、秘密裏に最先端のテクノロジー企業とスマートグラスの開発を行っているという。

スマートグラスはスマートフォンにワイヤレス接続して動作させる必要があり、普段は普通のメガネのように見えます。これはいかにもデバイスという形状をしていたGoogleGlassと比較すると、着けやすく購入層も広がると考えられる。

また、Amazonのスマートグラスは骨伝導を利用していて、着用者はAlexaの音を、周囲の音を聞きつつも明確に聞き取れるという報告もある。

 

Alexaとスマートグラスを接続すれば、IoTに対応するスピーカーや冷蔵庫、ランプ、その他家庭用品など、声が届か無い場所にあるものもAmazonアシスタントを使って動かせるように。Amazonアシスタントには何千もの技があり、Echoスピーカーを使って音楽を聞いたり、Amazonで注文したり天気を伝えることができます。

   

Alexa AndroidとiPhoneでも利用可能です。しかしそれはGoogleアシスタントやSiriを無視することになり、Alexaを使用する為にはAmazonのアプリをわざわざ開く必要があります。いちいちその作業をすることは面倒です。スマートグラスを使えば、そういった煩わしさからも解放されます。

スマートグラスはLab 126と呼ばれる実験室の中で開発が進められています。そのメンバーにはGooglegrassのキークリエイターであるBabak Parvizの姿も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です