1台で全ての部屋をパトロール。未来的ドローン型監視カメラAireがすごすぎる!

Pocket
Facebook にシェア

Aireは障害物が多い家の中でも、複数の部屋を自由自在に行き来することができます。

シンプルでハンズフリーな音声コマンドとスマートフォンアプリによる最小限のコントロール機能を備えるため、操縦に慣れていない人でも簡単に操作することが可能です。

Aireはドックから自動的に離陸し、飛行操作を行い、音声またはリモートコマンドで自動的にドックすることができます。

Aireはドックから自動的に離陸し、パトロールを行い、音声またはスマートフォンで指示を出すことによりで自動的にドックに帰還します。

固定式セキュリティシステムと比較して、Aireのモビリティはプライバシーを高め、死角を減らし、あらゆる部屋や床に移動することができます。

 

一般的な全館監視型のセキュリティシステムに比べ、Aireはそれぞれのプライバシーを高めつつ死角を減らし、あらゆる場所に移動して的確な情報を収集します。

あなたの個人的な写真家としての役割を果たし、エイアイは家族の写真を撮り上げ、スナップします。

時には家族の集合写真を撮影するのに役立ったりも。

Kickstarterのバッカーフィードバック、新しいIoTデバイスとAPIは、Aireの完全なハードウェア機能をソフトウェアアップデートで簡単にアンロックします。

ソフトウェアのアップデートにより、新たに発売されるIoTデバイスとの接続にも対応。

それをスマートにする脳を含むアイアの「ポッド」

様々な環境がありうる家庭環境に合わせて自立飛行するロボットを作り上げることは、技術的にとても難しいことでした。実現する為には自動車に搭載されている最新のプロセッサーや最先端のロボット技術に高度なソフトウェアを組み込む必要がありました。そして難しい課題を一つずつクリアすることによって、Aireは全く新しい可能性を秘めたカテゴリーを構築しました。

 

前方のみの検出を備えた無人機とは異なり、Aireは全身にセンサーを備えています。

   

Aireは複数のカメラ、ソナー、オンボードIMUセンサーを搭載。それらと複雑なアルゴリズムを組み合わせることにより位置を決定し、安全に飛行することを可能にしています。

メインカメラセンサー:4K

IMUセンサー:加速度計、ジャイロスコープ、磁力計

ローカリゼーションセンサー :カメラ、ソナー

障害回避センサー :3D深度カメラ、ソナーセンサー

 

スクリーンショット 2017-09-25 12.14.12

Aireを家庭用防犯システムとして利用すると、複数のエリアを1台で監視することが可能になり、家族のプライバシーと安全を同時に守ることができます。

アラート調査:アラートを受信すると、自動的に離陸してなぜアラートが鳴ったのかを調査します。

バーチャルウォッチ :Arieをスマートフォンでリモート操作することによって、例えば自宅で今何が起こっているのかを確認することができます。

ライブ監視 : Aireが飛行中またはドッキング中のリアルタイムの映像を確認。

異常検出 :充電中に大きな音や予測できない動きが発生した場合、スマートフォンを経由してユーザーに通知を行います。

無料ストレージ:撮影した動画を保存するためのストレージを無料で提供。

スクリーンショット 2017-09-25 12.40.57

Amazon AlexaとIFTTTを使うことで、音声コマンドによりArieをコントロール。

例えば、

『Alexa、Aireをカメラモードに切り替えて』
ArieはDockから離陸して撮影する準備をします。

『Alexa、Arieは顔を探して接近し、写真を撮影して』
写真を撮影します。

『Alexa、ArieにDockに戻るように伝えて』
ArieはDockに戻り充電を開始します。

Kickstarterのバッカーフィードバック、新しいIoTデバイスとAPIは、Aireの完全なハードウェア機能をソフトウェアアップデートで簡単にアンロックします。

   

バーチャルマッポング:Arieは部屋の形状やサイズを記憶し、独自の位置認識機能で完全自律飛行を可能にします。

自律ナビゲーション:視覚に基づくVSLAM(Simultaneous Localization And Mapping)と深度センサーにより障害物の無い移動出来る経路を移動。

セキュリティパトロール:自宅内を定期的にパトロールすることをスケジューリングできます。異常があった場合はスマートフォンに通知。

ユーザーからのフィードバック:ユーザーが見たいと思っている場所を把握し、重点的に監視する場所を把握していきます。

さらに詳しい情報(英語)はこちら→https://www.kickstarter.com/projects/1042731515/aire-a-self-flying-robotic-assistant-for-the-home?lang=ja

ハイガジェ注目トピックス

OPPO A73ってFind X2 Proみたいに格好良いけどスナドラ662ってぶっちゃけどうなの?実機で検証してみた

ReadMore

iPhone 12 miniは全力が出せない?iPhone SE 2ndとiPad Air 4が最強の組み合わせな理由。

ReadMore

ブラックフライデー本命はFire TV Stick 4K、Fire HD 8、10、Kindle、Echo Show 5

ReadMore

ベンツのSクラスを体感出来るスマホZenFone 7。中途半端なスペックが嫌なら全て最高性能なコレが正解。今なら5万円台

ReadMore

格安SIMなら200円で買えるRedmi Note 9S。一体何が出来るのか?スマホは毎日使うものだから価格より性能重視

ReadMore

格安SIMの大感謝スマホSALEで『品切れ』になりそうな超人気スマホTOP5!処理能力の高さと価格が優先されてる印象。

ReadMore

イルミネーションを撮るのにお勧めなシャオミとOPPOのカメラスマホはコレ!光るそら豆が証明する圧巻の画質。これがスマホ?

ReadMore

おサイフケータイ+防水+aで5,300円~!OPPOとXperiaの超使えるお勧めスマートフォンはコレ!超限定SALE中

ReadMore

モトローラのスマホって実際どうなの?今なら格安SIMで1,600円のmoto g8 POWERで検証してみた。アレは微妙

ReadMore

シャオミ、OPPO、TCL、Motorola。見た目がお勧めなミッドレンジスマートフォンTOP5!1位はあのカメラスマホ

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.