いよいよ登場!最先端のテクノロジーを詰め込んだgalaxyS9/galaxyS9+

Pocket

1

 

Androidの中では出荷台数ナンバー1。スペックではHUAWEIとその性能を競い合っているSAMSUNGが発売するGalaxyシリーズにいよいよ新作が登場!

リリースを前にして動画が出回っているのでその詳細を紹介していきたいと思います!

 

綿毛の細部まで細かく描写するディスプレイ

たんぽぽの綿毛をイメージのモチーフとして使われています。恐らく綿毛の一つ一つを詳細に映し出す超高精細なディスプレイをアピールしているものと思われます。

その美しさには目をみはるものが。現実と画面の中の境目がますますわからなくなりそうですね!

スクリーンショット 2018-02-25 11.18.13

スクリーンショット 2018-02-25 11.18.31

スクリーンショット 2018-02-25 11.18.51

 

 

縦長ディスプレイをフルに使えるマルチウインドウ

現在主流になりつつある18:9の通常の縦長ディスプレイですが、galaxyシリーズはさらに縦長な18.5:9の比率を採用しています。これにより画面はさらに広くなり、マルチウインドウ使用時にはその利便性が高まります。

スクリーンショット 2018-02-25 11.19.13

 

   

 

パソコン要らずなDex機能がパワーアップ

ディスプレイとつなげることで大画面に情報をうつしだし、パソコンの様な操作が可能になるDex機能。

スクリーンショット 2018-02-25 11.19.32

GalaxyS9本体をポインターやキーボードとして使えるように。これにより持ち運ぶ必要のある周辺機器を大幅に減らすことが可能となり、どこでもビジネススタイルを簡単に確立できます。

スクリーンショット 2018-02-25 11.19.49
スクリーンショット 2018-02-25 11.19.58

スクリーンショット 2018-02-25 11.20.15

 

AR機能を高めた最先端のテクノロジー

カメラはもはや美しく描写する為だけのものではなく、あらゆる情報を視覚化して分かりやすく伝えるための道具として進化を遂げようとしています。AR技術により人の目には見えない情報をカメラを通して得ることができるように。

スクリーンショット 2018-02-25 11.20.38

スクリーンショット 2018-02-25 11.21.02

 

複数のアプリを組み合わせて同時に起動させるAPP Pairing

音楽プレーヤーとGoogleマップ、電話とメールアプリ、カメラとギャラリー、ChromeとFacebook、FacebookとTwitterなど、組み合わせをあらかじめ設定しておけば複数のアプリへのショートカットが自動的に作成されます。

スクリーンショット 2018-02-25 11.21.19

 

 

雨も気にせず使えるIP68

現状のAndroid端末ではタフネスモデルなどにしか搭載されていない防水性能IP68。ナビを使っている時にいきなり大雨が降り出しても心配ありません。

スクリーンショット 2018-02-25 11.21.41

 

 

独自セキュリティ機能Knox3.1

Knoxプラットフォームは、侵入、マルウェア、およびより多くの悪意のある脅威から保護する、強固なセキュリティのメカニズムで構成されています。

スクリーンショット 2018-02-25 11.21.58

 

虹彩認識技術による最先端のロック機能

最先端の虹彩認識をサポートするGalaxy9は、近赤外光技術を使用して、ユーザーの詳細な画像を取得します。また、Samsung Passを使用して、虹彩スキャンでユーザーの身元を認証することも可能に。

スクリーンショット 2018-02-25 11.22.21

バージョンアップデートを快適に

E-FOTAを使うことにより、混雑して繋がりにくい時間帯のアップデートを避けたり、自分の希望するタイミングでファームウェアの更新が可能になります。

スクリーンショット 2018-02-25 11.23.19

マイナーアップデートを含め、最先端の端末であることを確証づけてくれそうなGalaxy9シリーズ!まだGalaxy8シリーズが現役バリバリ感ありまくりなのに、いつも通り、当たり前の様に新機種を出し続けるSAMSUNGの企業姿勢はあっぱれです。日本での発売が待ち遠しいですね!

スクリーンショット 2018-02-25 11.24.27

関連記事はこちら

      

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Xiaomi Mi Note 10 LiteにAndroid 11(MIUI 12)の提供が開始!

カメラセンサーに『ZenFone 7』と同じIMX 686を採用し、6,400万画素の超高解像度撮影に対応するハイミッドレンジモデル『Xiaomi Mi Note 10 Lite』。MIUIのバージョ ...

イタリアでTCL 10 LiteにAndroid 11へのアップデートが提供開始!高品質な激安高容量モデルにサプライズ!

ミッドレンジ市場では珍しいメモリ6GB、ストレージ128GBの大容量モデル『TCL 10 Lite』。 ディスプレイメーカーが作っているのでディスプレイ品質がとても高く、カメラや筐体もしっかり作り込ま ...

Exynos 2100のGeekbenchスコアはSnapdragon888と同等もしくはやや下回る結果。不安定さも露呈

精度の高い情報を提供し続けているIce universeは、自身のTwitterにGeekbench 5で計測したExynos 2100のスコアを投稿。計測に利用した端末は、型番がSM-G998Nにな ...

OnePlus BandをXiaomi Mi Band 5、Amazfit Band 5、Honor Band 6と比較

OnePlusがはじめてリリースしたスマートバンド『OnePlus Band』。専用アプリ『OnePlus Health』が用意され、価格は2,499ルピー(3,550円程度)。 しかしすでに市場には ...

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.