Xiaomi Redmi 5 Plus 開封レビュー |最高のXiaomiクオリティを知ることが出来る!6インチファブレット

Pocket

ずっと気になっていてずっと買えずにいたXIAOMIというブランド。今回初めて購入してみました!購入したのはRedmiシリーズの5Plus。

5と5Plusで大きく違うのは画面の大きさと解像度です。5は5.7インチディスプレイで解像度はHD。5Plusは6インチディスプレイでフルHD解像度です。どちらも気になりますが、今回購入したのは画面が大きい5Plusの方です。

それでは初XIAOMIの開封レビューをお届けします!

 

 

Red mi 5 Plus 開封の義

 

真っ赤でインパクト大なパッケージ

黒や白を使うメーカーが多い中、XIAOMIのパッケージにはブランドカラーでもある目が醒めるような赤が使われています。XIAOMIを印象づけるブランド戦略としても、オシャレでとてもインパクトがあり良いですね。

 

 

急速充電に対応する小型でかわいい充電器

5V/2Aの急速充電に対応しつつもかなりのコンパクトサイズ。このあたりは充電器も単体で販売しているXIAOMIの強みといったところでしょうか。薄い2トーンの色合いもオシャレで、充電器にもこだわりが感じられます。

 

 

急速充電対応の USBケーブル

iPhoneにも付属しているようなホワイトカラーのUSB充電ケーブルです。急速充電にも対応するので、もし手持ちのAC充電器やモバイルバッテリーが急速充電対応の場合でも安心して素早く充電することが可能です。

 

 

完成度の高い純正ケース

非常に精巧に作られている純正のTPUケース。サードパーティーからもケースは続々と発売されていますが、初期ロットは品質が安定しないことが多いです。なのでこういった完成度の高いケースは中々手に入りません!

 

 

開いただけで中身は読んでません。上質な紙が使われていてレイアウトもしっかりしています。こういう小物にもしっかり時間とお金をかけている印象です。

 

 

随所に感じられる拘り抜いた美しさ

 

丁寧に磨き抜かれたカッティング

この微妙な丸みを出すのにどれだけの時間を費やしたのかと考えさせられる非常に綺麗なカーブライン。丸すぎない緩やかな曲線美が上品なイメージを与えてくれます。

 

 

急速充電に対応するポート

急速充電に対応することで、5000mAhの大容量もあっと言う間に充電完了に。モバイルバッテリーも一緒に2台充電するいうストレスからも解放されます。

 

音色が心地よい高音質スピーカー

初めて聞いた時に素直に綺麗な音色だなと思いました。試聴なので1、2曲聞けば本来十分なのですが、ついつい聞き流してしまいました。個人的にはBluetoothスピーカーを買わなくてもこれで良くない?というレベルです。

 

 

嬉しいイヤフォンジャック搭載
高性能な音楽再生機能が楽しみをプラス

イヤフォンジャックが搭載されているので手持ちのイヤフォンやヘッドフォンが使えるのは嬉しいポイントの一つ。さらにRedmi 5Plusはイコライザーも含め多彩な音楽再生機能を搭載しています。詳細については後半レビューにて。

 

 

シングルレンズでも精度の高いカメラ

今はデュアルレンズが主流になっているので、正直Redmi5Plusのカメラには期待していませんでした。しかし試し撮りをしてみて良い意味で期待は裏切られました!そこいらのデュアルレンズカメラより、Redmi5Plusのカメラの方が性能良いとはっきりと感じたのです。試し撮りの結果は後半レビューで。

 

 

認識スピードの速い指紋認証

指をつけた瞬間にロックが一瞬で解除されます。端末によってはロックが解除されるまでに一間かかったり、たまに認識してくれなかったりということがありますが、Redmi5Plusの場合はそういったこともありませんでした。

 

 

見とれるような美しさのディスプレイ

Redmi5と比較して解像度が高いRedmi5Plusですが、本当にそれだけなのかと思うほど美しい液晶画面。試しに4K解像度の画像を表示してみたのですが、まるで画面から飛び出してきそうな美しさ。液晶の質と色の調整具合がとても優れていると感じました。

 

 

触れる事で感じられる上質なアルミの素材感

実際に端末を持った時に感じられるキメの細かいアルミの素材感。上質な素材とカットの美しさによりフィット感も抜群。美しい控えめなブロンズゴールドカラーがひときわ高級感を高めます。

 

 

薄型軽量化を実現

高品質で丁寧に削り出したアルミは製品重量にも影響を与えています。4000mAhの大容量電池を搭載しつつ、画面も6インチと大画面なのに重さはわずか180g。長時間使用していても手が疲れません。

 

 

左サイドに設置されたON/OFFスイッチ、音量調節ボタン。

 

 

2画面表示にも対応する
超ワイドサイズの6インチ液晶

 

片手持ちも余裕な縦長スリムサイズ

高さが6インチと大画面なのにもかかわらず持ち幅はベゼルレスでわずか5.5インチの縦長ディスプレイを採用。5.5インチであれば女性でも片手持ちは可能ですし、男性であれば余裕を持って片手操作ができます。

 

5.2インチサイズとの比較

さすがにこの比較は5.2インチが少しかわいそうになってしまいそうなレベル。縦に表示されている情報量がまるで違います。こういったニュースの情報を一度に大量に表示する以外にも、真ん中で区切って2画面表示も出来るので、一度縦長ディスプレイの便利さを体験してしまったら元には戻れませんね!

 

アルミの質感が最高、期待してなかったカメラの性能も高い、良い音で音楽が聴ける、超ワイドなディスプレイサイズが便利すぎ、見とれてしまうレベルに美しいディスプレイ。初XIAOMI 、Redmi5Plusの完成度恐るべしです。

後半は初XIAOMI、Redmi5Plusの実機を使った詳細レビューに参りたいと思います!お楽しみに!

 

世界中のガジェットが格安価格で大セール!関税不要!英語不要!即日届くスピード発送!

 

 

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Anker Soundcore Life Q35
【レビュー】LDAC対応で1万円ちょいのヘッドフォン!Anker Soundcore Life Q35の出来栄えとは。

『LDAC対応』に惹かれてまたヘッドフォンを購入してしまいました。Ankerの『Soundcore Life Q35』です。通常販売価格は『10,990円(税込)』。LDACに対応するヘッドフォンとし ...

楽天モバイルが『モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン』を開始!3ヶ月間データ通信無制限0円も同時開催中!

楽天モバイルより 7月29日、『楽天モバイル』がモバイルWi-Fiルーター『Rakuten WiFi Pocket 2B』の発売を開始しました。製品価格は7,980円(税込)。カラーはホワイトとブラッ ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
シャオミ Mi 11 Lite 5Gが搭載するSnapdragon 780GはSnapdragon Soundに対応!

最大手半導体メーカーQualcommが2021年3月にリリースした最新オーディオ技術『Qualcomm Snapdragon Sound』。先日Xiaomiは公式のWeiboで、同社のBluetoot ...

FlipBuds Pro
遂に来た!XiaomiのTWS『FlipBuds Pro』がアップデートでSnapdragon Soundに世界初対応

7月28日、Xiaomiは同社が提供するBluetoothイヤフォン『FlipBuds Pro』がファームウェア『ver7.6.2.9』へのアップデートにより世界ではじめて『Snapdragon So ...

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信