Lenovoが最新スマートフォン S5、K5、K5 PLAYの3機種をリリース!

更新日:


モデル名はS5、K5、K5PLAYとなっている。

Lenovo S5はアスペクト比18:9の縦長ディスプレイを採用。解像度は2160 x 1080の5.7インチサイズになります。背面はアルミで高級感あり。

SocにはSnapdragon 625を採用。バッテリー容量は3,000mAhとなっている。メモリーは3GBまたは4GBの2種類、ストレージは32GB、64GB、128GBの3種類を用意する。

また、S5は1300万画素のデュアルレンズカメラと1600万画素のフロントカメラを搭載。フロントカメラはセルフタイマー機能を搭載する。

カラーはブラックとレッドの2色。

 

 

 

K5、K5Plalyも同じくアスペクト比18:9の縦長ディスプレイを採用。解像度は1440 x 1080のHD解像度とS5よりは低めの設定となっている。画像サイズは変わらず5.7インチ。

K5は1300万画素/500万画素のデュアルレンズ仕様、K5 PLAYも同じくデュアルレンズで、スペックは1300万画素/200万画素となっている。

K5のSocには汎用的なMediaTek MT6750が使われ、K5 PlayはSnapdragon 450となっている。

全体的にスペックの差がそこまで感じられない仕上がりになっているので、単純に価格や色で選んでしまってもあまり後悔は無いかもしれません!

かなり魅力的な端末ですが、残念ながら発売は中国限定のようです。

関連記事はこちら

      

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

ASUS ROG Phone ZS600KL

スマホゲーマー憧れの端末、キングオブゲームフォンとも言えるASUSのROG Phone!まさか日本に参入してくるかとは思っていませんでした。最高の処理速度、最高の冷却機能。ゲーミングPCの快適さをスマホでも体感できる。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.