Leagoo S8 開封レビュー | 光りの反射でグラデが変わる!優美なガラスボディ

Pocket


 

Leeco Coolpad Cool 1 Dualのレビューを行っている最中でしたが、新機種が到着したのでそちらの開封レビューを先に行いたいと思います!

到着したのはLeagooのS8。以前レビューを行ってとてつもなくコスパが高いと評価したKIICAA MIXと同じメーカーが出しているスマートフォンです。GalaxyやHonor 9を意識している感じで、質感で言えばKIICAA MIXよりかなり良いです。今回もKIICAA MIXと同様にコスパの高さを見せつけてくれるのか!

それではLeagoo S8の開封レビューをお届けします!

 

Leagoo S8開封の義

ザックリとこんな感じ

【良かったところ】
・光りの反射で変わるガラス表面のグラデが美しすぎ!
・フロントカメラにもフラッシュ搭載!
・純正ケーブルがフラット仕様!
・付属イヤフォンの品質高し!
・ガラス素材なのに重さは200g以下!
・高級感のあるパッケージでプレゼントにも良さそう!

【イマイチだったところ】
・SIMスロットの片方がMicro仕様

 

気合いが感じられる上品な白のパッケージ

白いパッケージだとデザインもそうですが、紙質や加工に目がいってしまいます。Leagoo S8のパッケージについては、良い紙を使ってます。しかも表面に加工が施されており、それも高級感を高めています。パッケージからかなりのこだわりが感じられますね。

開けた感じもすごいです。あまりにしっかりしているので思わず写真におさめてしまいました。これプレゼントであげたりしても問題ないレベルのパッケージですね。

 

 

中に入ってるもの一覧

スマートフォン本体、ACUSB急速充電器、USBケーブル、SIMピン、紙類、純正ケース、イヤフォン

 

 

急速充電に対応する充電器

出力は5V/2Aとなっていて、急速充電に対応します。少し大きめですが、見た目もご覧の通り悪くありません。ただし海外プラグなので、使う時には変換アダプタが必要です。Amazonで100円くらい、量販店で300円くらいで売ってます。

 

 

フラットを採用したUSBケーブル

付属のケーブルでフラットケーブルを採用しているメーカーははじめて見たかもしれません!フラットケーブルはケーブルにクセがつきにくかったり、断線リスクが低かったり、見た目もおしゃれといいとこ取りなケーブルです。ただし通常のケーブルより少しコストが高めだったはず。それを最初から同梱してくれるなんてすごいサービス精神ですね!

 

 

ジャストフィットな純正ケース

純正ケースなのでオマケのケースなどとは違い、歪んだりしていません。しっかり作られていてジャストフィットします。しかし個人的に感じたことですが、Leagoo S8の場合は付属のTPUケースではなく、ポリカーボネートのようなかための素材の方が質感が引き立つような気がしています。あくまでも個人的な意見ですが。

シンプルで音質もナカナカな純正イヤフォン

付属のイヤフォンと言えばiPhoneのものをイメージしてしまいます。見た目はそれなりですが音質が悪く、使い続けるのはかなり厳しいです。Leagoo  S8に付属しているイヤフォンはそれなりの音を鳴らします。ハウスやヒップホップの様なジャンルを聞くには特に良い感じです。

 

 

 

紙類です。特筆して書くことはありません。

 

Leagoo S8 本体詳細レビュー

   

素材の切り替え部分が美しい

Leagoo S8はガラスとアルミのハイブリッド素材を採用しています。背面はガラスでサイドはしっかりとしたアルミ合金。接合部分は独特な形状に加工されていて、サイドから見るととても美しく芸術的な雰囲気に。アルミがガラスをしっかりと守り、落とした時のダメージも最低限に抑えてくれるでしょう。

 

急速充電対応のMicroUSBポート

KIICAA MIXではUSB Type-Cが採用されていましたが、S8ではポート形状がMicro USBとなっています。個人的には少し残念ではありますが、5V/2Aの急速充電にも対応しているので特に問題はないでしょう。

 

イヤフォンジャック搭載

KIICAA MIXでは音声出力と充電ポートが統一されていたので、変換アダプタを買わなければ手持ちのイヤフォンやヘッドフォンを使うことができませんでした。S8にはイヤフォンジャックが搭載されているので、イヤフォンやヘッドフォンをそのまま使えますし、ポートがふさがらないので充電しながら聞くことも可能です。

 

両方からちゃんと聞こえるスピーカー

スピーカーの穴は空いていて片方は見た目を良くする為のデザインということがたまにありますが、S8の場合は両方のスピーカーからきちんと音が聞こえます!ただし音質がそこまで良いかと言われるとそうでもありません。外部出力で聞く時はBluetoothスピーカーなどがおすすめです。

 

 

フロントカメラにはボケ機能を搭載するデュアルレンズを採用

Leagoo S8はフロントカメラにもデュアルレンズを採用しています。ボケモードを使えば背景がボケた感じの撮影をすることも可能。ただし、被写界深度に合わせたボケでは無いので、自分である程度調整する必要があります。また、シワ取りなど不自然にならないレベルのビューティーモードも搭載しています!

 

 

フロントカメラにもフラッシュが!

これはインスタユーザーにとってはとても嬉しい機能のひとつ!フロントカメラにもフラッシュがついているんです。しかもそれなりにちゃんと光ります。これで暗い場所での自撮りもバッチリですね!

 

 

メインカメラも勿論デュアルレンズ

フロントカメラがデュアルレンズでメインカメラがデュアルじゃないスマホなんて・・・Xperiaが確かそうでしたね。LeagooのS8はデュアルレンズです。センサーにはソニー製を採用。ボケモードも搭載しています。ただしフロントカメラと同様、被写界深度には対応していないので、自分でボケの調整が必要です。

 

 

デザインと一体化している指紋認証

指紋認証の精度はもちろんバッチリですが、Leagoo S8の場合は認証部分をデザインとしてもきちんと計算しています。フラッシュ、カメラの形状と統一されているので、バランスがとれていてとても一体感があります。

 

 

高密度なウルトラHD解像度のIPS液晶

5.7インチクラスの縦長ディスプレイを採用したスマートフォンを検証して何度か思っていることですが、フルHDじゃなくても良いんじゃないでしょうか・・・。正直あまり見分けがつかないくらい美しいです画面の解像度をあげると確かに画像は細かく綺麗になりますが、その分電池の消費も激しくなります。あまり差が感じられない場合は低めの解像度を選ぶ方が吉です。

 

MicroSDカードも使えるDual SIMスロット

ここはちょっと注意が必要です。最近はNano SIMのデュアルスロットが一般的ですが、Leagoo S8の場合は片方がMicro SIM仕様になっています。AmazonなどでNano SIMをMicro SIMに変換するアダプタを購入すればいいだけの話ですが、少し面倒なポイントではありますね。

 

 

光の反射で浮かび上がる優美なグラデーション

どんな仕組みになっているのか分からないのですが、背面に光りがあたると、その当たり方によって独特の模様の様なグラデーションが浮かび上がります。表面ガラスなのではツルツルしていて、アルミのヘアライン加工などとももちろん違います。これは是非実機を見ていただきたい!

 

 

 

素材にガラスを使いながらも重さは200g切り!

ガラス素材を使うデメリットは少し重量が重くなってしまうところです。逆にそれが高級感を演出するというのもあるのですが、手に持ち続けるものなので出来れば少しでも軽くしてほしいところ。Leagoo S8はガラス素材を使いながらも重さは200を切っています!これくらいの重さであれば持っていてそこまで負荷を感じることは無いでしょう。

 

 

ON/OFFスイッチと音量調節ボタンは汎用的な右サイドに設置。幅が5.2インチサイズでデザインもベゼルレス。片手での操作も容易です。

 

 

5.72インチのファブレットサイズなのに片手でラクラク持てる縦長デザイン

 

ベゼルが狭くハイブリッド素材だから片手でもしっかり持てる!

Leagoo S8は横幅が5.2インチサイズのベゼルレスと非常に細く、なおかつサイドはアルミ合金が使われていてガラスのようにツルツルと滑らないので、片手でもしっかり持って操作することができます。

 

5.2インチサイズとの比較

情報量の差は歴然!本当にインチサイズの差が0.5インチ程度しか無いのかと疑いたくなります。Leagoo S8はナビゲーションバーをワンタップで隠すことが出来るので、隠したことによりフル画面で情報を無駄なく表示。ニュースだと記事2つ分くらい表示できる情報が多いですね。

KIICAA MIXに続いて開封レビューを行ったLeagooのS8ですが、パッケージング、製品自体の質の高さから、改めてLeagooというブランドがきちんとしているところだということが分かりました。スマートフォンのレビューをはじめてから、本当に中国メーカーへの見る目が変わりました!すごいのはHUAWEIとかXIAOMIだけじゃないんです!

後半は実機検証レビュー。Leagooの評価はさらに高まることになるのでしょうか。お楽しみに!

Leagoo S8 実機検証レビュー | 見た目に満足したらもったい無い!コンスタントに使いたいバランス型スマホ

関連記事はこちら

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

『Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiとAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプ ...

シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 234 ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.