木製iPhoneケース 『CaseYard』 が最高だった!木の温もりと最新技術が共存する。究極のハイブリッドケース!

Pocket

先日、『CaseYard』というアメリカのスマートフォンケースブランドの日本代理店様から嬉しいレビューのご依頼をいただきました!

勉強不足なもので、私『CaseYard』というブランドを存じ上げておりませんでした(汗)そこで今回レビューさせていただくにあたり、『CaseYard』について少し調べました。

CaseYardってどんなブランド?

アメリカのカリフォルニア州オレンジ郡に拠点を置き、情熱的なクリエイティブ集団によって運営されている。常にユニークで革新的なデザインをとことん追求、模索し、他との差別化を図ることに注力。アーティストが描いたユニークなオリジナルデザインを提供し続けている。

なるほど。クリエイティブ集団が手がけているスマートフォンケースって、それだけでかなり惹かれるものがありますね。クリエイティブ集団であれば、拘りが無いはず無いからです。

 

CaseYardの海外での評価は?

いくらクリエイティブ集団が手がけていると言っても、例え拘りがあったとしても、お客様に評価されていなければそれはただの自己満足で終わってしまいます。そこでどんな評価を受けているのか調べてみました。すると驚きの調査結果が・・・

レビュー総数は3000件を超えており、平均評価が5つ星中・・・5です!こんな評価正直見たことありません。Amazonで高評価を受けているANKERの充電器ですら星が1つは半分にかけています。これはちょっと期待が高まりますね。

 

CaseYardのケースが手元に届きました!

日本のご担当者様がとてもしっかりとされた方で、ご依頼をいただいてからすぐにケースが到着(iPhone8用のもの)しました。それでは早速、レビューに参りたいと思います!

 

CaseYard木製ケース詳細レビュー

ゴールドとシルバー、ラグジュアリーなツートンカラーのパッケージ

メタリックカラーと木のイメージが合うかどうか、これは実際に試してみなければ分かりません。しかしこのパッケージを見るかぎりバッチリはまってますね。ケースを引き立ててます。しかし肝心のケース、まだパッケージの中ですが格好いい・・・

表がゴールド、裏がシルバーになってます。商品が引き立っていることもそうですが、すごく清潔感がありますね。

 

いよいよケース本体が登場!

パッケージを開封するとすぐにお待ちかねのケースがお目見え!手に持った瞬間その質感の高さが伝わりました。そして軽い!

 

木目の上とは思え無い鮮やかで緻密なプリント

紙と比較したら確実に荒い木目の上にこんなにも綺麗にプリントが出来るとは、ただただ驚きです!これには最新のUVプリントという技術が使われているのだそうで。転写シール等とは違うので色落ちすることもありません。

 

星の一つ一つまで狂いなし!正確さは職人でも敵わないであろうレーザー彫刻技術

非常に小さい複数の星も、欠けたりすることなくとても緻密に掘られています。美しいプリントも良いですが、やはり彫刻は触った時の凹凸が最高ですね!木の温もりをより一層感じられます。

 

とても丁寧な木端の処理。クリエイティブ集団の拘りは細かい部分にもしっかりと

木端の処理が荒いとせっかくの木の質感が台無しになります。ましてやスマートフォンケースは手に持って使うもの。きちんと加工されていることで優しく手にフィットし、見た目の高級感も高まります。

 

シームレスを感じさせる極めて完成度の高いハイブリッド素材

ここの処理は正直気になってました。本体をとめる部分はマット加工されたポリカーボネート素材が使用されています。工場の持ち型を使って適当にくっつけることも出来るでしょう。もしそうだったら厳しいな・・・と思っていました。

しかし実物を見て触った瞬間不安は吹き飛びました!木とポリカーボネートの間に段差的なものが一切ありません!ぱっと見完全にシームレスです。この精度はポリカーボネート部分も間違いなくオリジナルでしょう!ロゴも刻印されてますしね。それにしてもマット加工されたポリカーボネートと木の相性、良いですね・・・。

 

しっかりとフィットして本体を保護する装着部分

ポリカーボネートはマット加工することで耐久性がアップします。さらに見た目の高級感も増すのでまさに一石二鳥!落とした時に角を保護する形状も◎。

装着部分が画面より少し高くなっているのは、落とした時に画面を保護する為です。

 

機能性を損なわない完成度の高いデザイン

ボタンやコネクタ差込部分、スピーカーからカメラリングまで、操作を邪魔することなく本体に合わせてしっかりと成型されています。この辺り、細かい部分の完成度の高さも高評価されている要因の一つでしょう。

※iPhone6/6sを装着した場合はレンズの位置が中央から少し上にづれます。

 

 

CaseYardのココがオススメ!

・天然木を使用した世界に一つだけのスマーフォンケース
・プロ集団が行うクオリティの高い印刷や彫刻
・所属デザイナーが生み出すハイセンスなデザイン
・手に持った瞬間に感じられる柔らかいフィット感と木の温もり
・細かい部分にも手抜きなし。一目で分かる高品質
・2980円〜の信じられないコストパフォーマンス

今回レビューさせていただきましたCaseYardのスマートフォンケースですが、あまりに気に入ってしまい友人にも早速オススメしております。センスが良くて品質も高い製品には中々巡り会えないものです。CaseYardのケースを買えば、『イイモノ』に出会えた瞬間の喜びを感じることが出来ますよ!ケース選びに飽きてしまった人、今までお気に入りのケースに出会った事が無い人、是非試してみてください。きっと何かが違うはず。

CaseYardのスマートフォンケース購入はコチラから

【楽天市場で購入】

【楽天市場】ブランド一覧 >CaseYard / ケースヤード:海外トレンドスタイル

楽天市場:海外トレンドスタイルのブランド一覧 > CaseYard / ケースヤード一覧。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト

【YAHOOショッピングで購入】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/vol-01/  

 

iPhoneケースは『CaseYard』で行こう。

 

合わせて読みたい記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

格安SIMのBIGLOBEモバイルでXiaomi Redmi Note 10 Proが実質12,689円!早い者勝ちだ!

記事に書かれている内容1 4月16日からXiaomi Redmi Note 10 Proの発売がスタート!BIGLOBEモバイルなら実質12,689円2 格安SIMのBIGLOBEモバイルではXiao ...

シャオミの黒船Redmi Note 10 Proが発売開始!IIJmioは即在庫切れ。Amazonでも入荷予定日後ずれ!

4月16日、Xiaomiは最新ミッドレンジモデルRedmi Note 10 Proの発売を開始しました。格安SIMのIIJmioはギガプランのスタートを記念したキャンペーン特価が適用(MNPの場合)さ ...

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

Redmi Note 10 Proは120Hzディスプレイだから電池の持ちが悪い?
シャオミのRedmi Note 10 Proは120Hz対応だから電池持ちが悪そう!Redmi 9TやiPhoneと比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラとディスプレイがフラッグシップなネオミッドレンジ2 Redmi Note 10 Proの有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.