OUKITEL u18 実機検証レビュー | iPhone Xリスペクトなスマホは本当に遊べる端末なのか!?



iPhone Xリスペクト端末のOUKITEL u18!開封レビューではアプリを使ってアイコンをiPhone風にしたことも含めて、iPhone X感を存分に感じることができました。ノッチスペースの存在ってやはりすごいインパクトなんですよね!しかし雰囲気はiPhone Xでも、実際に使ってみて使い物にならなければ話になりません。

OUKITEL u18は所詮iPhone Xの雰囲気だけを持った端末なのか!?実機検証レビューに参ります!

記事に書かれている内容

ザックリとこんな感じ

【良かったところ】
・安定したミドルレンジのベンチマーク!
・荒野行動などゲームが快適に動作!
・オーディオの音質が良好!
・2画面表示対応で作業を効率化!
・手間要らずなフェイスロック機能が便利!

【イマイチだったところ】
・使いづらいコネクタ形状
・カメラはアップデートで改善希望

Antutuトータルスコアは5万5千オーバー。同じSocの中でも優秀なスコアを記録

 

SocにはMediaTek社のMT6750Tが採用されています。同じSocを使った端末をいくつかレビューしましたが、それぞれ微妙にスコアが違っています。メモリーの違いなどが影響しているのでしょう。その微妙に違うスコアの中で、OUKITEL u18は『優秀な部類』に属します。

Antutuのベンチマークトータルスコア

トータルルは5万5千超えと中々のスコア。ミドルレンジスペックなのでメイン機としても十分に使えるでしょう。

Antutuベンチマーク CPUスコア

Antutuベンチマーク GPUスコア

3D性能をあらわすGPUのスコアは1万を超えているので、荒野行動などの簡単な3Dゲームは問題なく遊べるでしょう。後ほど実際に検証してみようと思います!

Antutuベンチマーク UXスコア

Antutuベンチマーク MEMスコア

メモリースコアは4GB搭載していることもあり、中々の数字を記録しています!複数のアプリを同時に立ち上げて作業したい時に効力を発揮します。

 

実機を使って検証したベンチマークランキングはコチラ

 

 

3DMarkベンチマーク

Antutuでも中々のスコアを出した3Dに関するベンチマークですが、3DMarkでもミドルレンジクラスの数字が出ています。

 

 

Geekbench 4 ベンチマーク

 

 

音声出力は品質高し!手持ちのイヤフォンやヘッドフォンも高音質でそのまま使える

OUKITEL u18はUSB Type Cポート一つしかありません。イヤフォンジャックが搭載されてないのです。しかしご安心ください!Type-Cをイヤフォンジャックに変換するためのアダプタがきちんと付属しています。

しかし差込口が通常より深いので、付属のものを使うか、サブにアダプタが欲しい場合は別途購入して樹脂部分を斜めにカットし、コネクタが深くささるように細工をしましょう。本当にこの仕様は謎です。

USB-Type Cをイヤフォンジャックに変換するアダプタが付属

付属のイヤフォンやヘッドフォンがそのまま使えるのは便利です。

 

手持ちのイヤフォンを接続するとなかなかの音質!デジタルからイヤフォンジャックに変換をかけているのでアナログ出力にはなっていますが、ボーカルの伸びや楽器の響き、深みのある低音まで素晴らしい!

 

高音質なハイレゾ音源も聞ける!

OUKITEL u18はFLACファイルの再生に対応しているので高音質なハイレゾ音源を存分に楽しむことができます。

 

自分の好きな音質に変えられるイコライザー

イコライザー機能はイヤフォンを接続すると音楽再生アプリから設定することができます。

バスブーストを右にスライドさせると低音が強くなり、サラウンドを右にスライドさせると音が立体的に広がりをみせます。

 

音響設定は6種類の中から

音響設定は『小さな部屋』『中規模な部屋』『大きな部屋』『中規模のホール』『大規模なホール』『プレート音響』の6種類の中から設定可能。オーケストラを聞く時は『大規模なホール』を選択するなど、聞いている音楽に合わせて設定を変更できます。

 

 

音質設定は豊富に12種類を用意

音質設定は『標準』『クラシック』『ダンス』『フラット』『フォーク』『ヘビメタ』『ヒップホップ』『ジャズ』『ポップ』『ロック』『FXブースター』『ユーザー』と12種類の中から選ぶことができます。完全に自分好みの音質を選びたい場合は『ユーザー』から細かく設定可能。

 

カメラはとってもシンプル!最小限の設定に撮影モードで気軽に撮れる!

   

ボケモードはエフェクト効果。撮影するならオートで撮ろう!

OUKITELはデュアルレンズ搭載機ですが、片方のレンズはズーム用レンズになっています。2倍ズームは画質に劣化なく行うことができます。しかしボケモードで綺麗なボケは期待できないので、特殊効果をかけて柔らかい写真を撮りたい時以外は出来るだけオート設定で撮影しましょう!

OUKITEL u18カメラ設定画面

下記以外にHDRを選択可能。しかしシンプルな設定画面ですね。逆に色々と迷わずにすむかもしれません。

OUKITEL u18で撮影した写真一覧

【オート設定】

フラッシュをたいて撮ったわけではないのですが、妙な写り方をしてますね。システムのバグでしょうか。システムアップデートで改善されることを願います。

風が強かったのでピンボケしてます・・・

風景写真より食べ物の写真の方が得意そうなイメージです。

 

【ズームなし】

【2倍ズーム】
劣化なくズームしています。歩いて寄れない場所の写真を撮りたい時には便利ですね。

 

 

2画面表示モードをとことん活用

 

一時も目が離せない為替相場をリアルタイム表示しながら他のアプリを利用

FXや株をやっていると、為替の動きは日中夜監視していなければなりません。2画面表示を活用すれば、目が離せない為替の動きを常に表示しつつ、SNSでつぶやいたり別の作業が可能に。

表示する組み合わせは自由自在!

2画面表示に対応しているアプリであれば組み合わせは自由自在!ニュースを見ながら荒野行動やポケモンすることだって出来るんです。自分の気に入った組み合わせを見つけることも楽しみの一つですね。

 

 

本格的な3Dゲームをやってみた!

スマホの処理能力が問われる本格的な3Dゲーム
荒野行動と鉄拳をプレイしてみた!

GPUでそれなりのスコアを記録していたので、コマ落ちなどを心配する必要はありませんでした。OUKITEL u18の大画面を存分に活かして楽しみましょう!しかし荒野行動未だに慣れません・・・

OUKITEL u18で荒野行動をプレイ!

Uploaded by ハイパーガジェット通信 on 2018-04-09.

 

OUKITEL U18で鉄拳をプレイ!

Uploaded by ハイパーガジェット通信 on 2018-04-09.

 

 

iPhone Xリスペクト機能なフェイスロックがとっても便利!

フェイスロックを使えば片手が塞がっている時でも簡単にロック解除が可能

OUKITEL u18はiPhone Xにも搭載されているフェイスロック機能を搭載しています。認証速度はそこまで早くありませんが、片手しか使えない混んでいる電車の中などでフェイスロックは大活躍!OUKITEL u18に関しては指紋認証の方が精度が良いのでメインではそっちを使いたいところですが、シーンによって選択肢があるのはプラスポイントです。

OUKITEL U18はフェイスロック搭載!

Uploaded by ハイパーガジェット通信 on 2018-04-09.

iPhone XリスペクトのOUKITEL u18実機レビュー、いかがだったでしょうか!iPhone Xを実際に使ったことがある人にとっては正直物足りないかもしれませんが、生粋のアンドロイダーにとっては新鮮でありワクワクする端末でした。色々カスタマイズして自分なりのiPhone Xリスペクトスマートフォンに仕上げましょう!

 

【OUKITEL U18はこんな人にオススメ】

1.Androidに少し飽きてきた

2.iPhone Xが欲しいけど高くて買えない

3.自分なりにカスタマイズして遊びたい

OUKITEL u18 開封レビュー | あれ?それってiPhone X? iPhone Xリスペクトなフルビューディスプレイスマホ!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

「OUKITEL u18 実機検証レビュー | iPhone Xリスペクトなスマホは本当に遊べる端末なのか!?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です