Huawei Y6(2018 model)はメモリー2GB、5.7インチディスプレイのローエンドモデルとして発売予定

投稿日:

まさかHuaweiがこのタイミングでメモリー2GBモデルを出してくるとは思いませんでした。中国やインドのボリュームゾーンに向けてのことでしょう。

SocにはSnapdragonの450が搭載予定でメインカメラはデュアルレンズ、フロントカメラには顔認証を搭載。画面サイズは5.7インチの縦長ディスプレイで解像度はHD +(1440 x 720)となります。画面サイズを一回り小さくしたHonor7Cの廉価版といった位置づけです。

あまり安物のイメージがついてしまうと、いくら性能で差別化を図ってもP20 Proの様な端末が売れなくなる気がしています。Huawei自体は素晴らしいメーカーなので、ブランドイメージを大切にして欲しいですね。

合わせて読みたい記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

ASUS ROG Phone ZS600KL

スマホゲーマー憧れの端末、キングオブゲームフォンとも言えるASUSのROG Phone!まさか日本に参入してくるかとは思っていませんでした。最高の処理速度、最高の冷却機能。ゲーミングPCの快適さをスマホでも体感できる。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.