Huawei Y6(2018 model)はメモリー2GB、5.7インチディスプレイのローエンドモデルとして発売予定

まさかHuaweiがこのタイミングでメモリー2GBモデルを出してくるとは思いませんでした。中国やインドのボリュームゾーンに向けてのことでしょう。

SocにはSnapdragonの450が搭載予定でメインカメラはデュアルレンズ、フロントカメラには顔認証を搭載。画面サイズは5.7インチの縦長ディスプレイで解像度はHD +(1440 x 720)となります。画面サイズを一回り小さくしたHonor7Cの廉価版といった位置づけです。

あまり安物のイメージがついてしまうと、いくら性能で差別化を図ってもP20 Proの様な端末が売れなくなる気がしています。Huawei自体は素晴らしいメーカーなので、ブランドイメージを大切にして欲しいですね。

合わせて読みたい記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です