4月20日に発売開始予定!ゲームフォンの大本命『Black Shark』スペックレビュー

Pocket

Xiaomi出資の元開発が行われているBlack Sharkのゲームフォンがついにリリースされました。4月20日に5万〜6万程度で販売が開始される予定となっている。

 

Black Sharkの主なスペック

 

Soc:Snapdragon 845


GPU:Adreno 630


RAM:6GB/8GB (LPDDR4X RAM)


ストレージ:64GB/128GB


画面サイズ:5.99インチ


解像度:fullHD +(2160 x 1080、403PPI)


電池容量:4,000mAh


充電:クイックチャージ3.0


メインカメラ:1200万画素(1.25um、PDAF)+2000万画素(1.0umピクセルサイズ、PDAF)F1.75デュアルレンズ


フロントカメラ:2000万画素(1.0um、f / 2.2)


SIMスロット:nanosim×2


BAND:

【2Gバンド】 GSM 850/900/1800/1900 - SIM 1&SIM 2 CDMA 800&TD-SCDMA

【3Gバンド】HSDPA 850/900/1900/2100 CDMA2000 1xEV-DO

【4Gバンド】 LTE帯域1(2100)、3(1800)、4(1700/2100)、5(850)、7(2600)、8(900)、12(700)、34(2000)、38(2600)、39 (1900)、40(2300)、41(2500)


サイズ:161.6 x 75.4 x 9.35mm


重さ:190g

 

Black Sharkのデザイン

素材は金属で出来ていて、背面から見た場合通常のスマートフォンと比較して立体感があり、グリップ性の高い特殊なデザインになっています。立体的になった分薄型とは言い難い厚さです。上部には横に並んだデュアルレンズカメラとフラッシュが搭載。

電源のON/OFFと音量の+−ボタンは本体右サイド。左サイドに搭載されたボタンは『SHARKキー』と呼ばれていて、このボタンを押すとゲームの為の高性能モードが起動します。

 

 

 

Black Sharkのカメラ

Black Sharkには全部で3つのレンズが搭載されています。背面のデュアルレンズはどちらもF1.75の大口径仕様となっていて、PDAF機能にも対応しています。また、「Dark Light Enhancement Technology」というオリジナルソフトウェアは『HDR』『パノラマ』『ポートレートモード』が利用可能。ビューティーモードも含め複数の撮影モードを有する。前面カメラはF2.2で4K(30fps)の動画撮影に対応。

 

Black Sharkのバッテリー

Black Sharkには4,000mAhの取り外し不可能なバッテリーが搭載されています。充電はコネクタがType-CでクアルコムのQuick Charge 3.0をサポート。ワイヤレス充電には対応していません。連続使用時間についてはまだ情報が公開されていませんが、電力効率に優れたSnap Dragon845を搭載していることを考えると、ゲームを長時間プレイする上でも十分な電池容量であると考えられます。

 

Black Sharkのソフトウェア

Black Sharkには最新のAndroid OS、8.1Oreoが搭載。出資元であるXiaomiのMIUIは使用されていないようです。ソフトウェアには前述している『SHARK』キーを使った独自の高性能モードが含まれています。高性能モード時のバッテリー消費などは気になるところ。

 

Black Shark専用ゲームパッド

Black Sharkは電話本体に加えて専用のゲームパッドを発表しました。ゲームパッドは電話本体の底面に取り付けられるようになっていて、装着することでアナログスティックによる操作が可能に。

接続にはBluetooth4.0を使用。また、ゲームパッド自体に150mAhのリムーバブルバッテリーが備えられていて、一度の充電で約3.5時間の連続利用が可能。重さはわずか40gとなっている。

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Anker Soundcore Life Q35
【レビュー】LDAC対応で1万円ちょいのヘッドフォン!Anker Soundcore Life Q35の出来栄えとは。

『LDAC対応』に惹かれてまたヘッドフォンを購入してしまいました。Ankerの『Soundcore Life Q35』です。通常販売価格は『10,990円(税込)』。LDACに対応するヘッドフォンとし ...

楽天モバイルが『モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン』を開始!3ヶ月間データ通信無制限0円も同時開催中!

楽天モバイルより 7月29日、『楽天モバイル』がモバイルWi-Fiルーター『Rakuten WiFi Pocket 2B』の発売を開始しました。製品価格は7,980円(税込)。カラーはホワイトとブラッ ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
シャオミ Mi 11 Lite 5Gが搭載するSnapdragon 780GはSnapdragon Soundに対応!

最大手半導体メーカーQualcommが2021年3月にリリースした最新オーディオ技術『Qualcomm Snapdragon Sound』。先日Xiaomiは公式のWeiboで、同社のBluetoot ...

FlipBuds Pro
遂に来た!XiaomiのTWS『FlipBuds Pro』がアップデートでSnapdragon Soundに世界初対応

7月28日、Xiaomiは同社が提供するBluetoothイヤフォン『FlipBuds Pro』がファームウェア『ver7.6.2.9』へのアップデートにより世界ではじめて『Snapdragon So ...

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Black Shark, Gadget NEWS, ゲームフォン
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信