Huaweiが独自OSの開発に着手

投稿日:

中国の大手スマートフォンメーカーHuawei Technologiesは、米国調査の結果、2012年より独自のOS開発を行っていることが明らかになった。

 

世界最大規模の電子通信機器メーカーでもある同社は、イランに絡む技術流出の制裁措置を巡って違反行為があったとされている。ZTEへの制裁内容やそれらもふまえ、HuaweiはGoogleのAndroidプラットフォームを手放すだろうと中国のモーニングポストは報じている。

現在GoogleのAndroidとAppleのIOSが世界市場を占める割合は99.9%。今後アメリカの制裁によりAndroid OSが使えなくなるという最悪のシナリオを想定した場合、独自OSの開発はHuaweiにとって戦略的な投資と言えるだろう。しかし独自OSはサードパーティーのアプロケーション数が圧倒的に少ないため、AndroidやIOSと比較すると劣勢になることは間違いない。

今後のアメリカの制裁は、スマートフォンバブル崩壊の引き金を引くきっかけになりかねない。そうなればアメリカ自体も甚大ではない経済ダメージを被ることになるだろう。双方にとって良い落としどころを見つけてほしいものである。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.