Huaweiが独自OSの開発に着手

Pocket
Facebook にシェア

中国の大手スマートフォンメーカーHuawei Technologiesは、米国調査の結果、2012年より独自のOS開発を行っていることが明らかになった。

 

世界最大規模の電子通信機器メーカーでもある同社は、イランに絡む技術流出の制裁措置を巡って違反行為があったとされている。ZTEへの制裁内容やそれらもふまえ、HuaweiはGoogleのAndroidプラットフォームを手放すだろうと中国のモーニングポストは報じている。

現在GoogleのAndroidとAppleのIOSが世界市場を占める割合は99.9%。今後アメリカの制裁によりAndroid OSが使えなくなるという最悪のシナリオを想定した場合、独自OSの開発はHuaweiにとって戦略的な投資と言えるだろう。しかし独自OSはサードパーティーのアプロケーション数が圧倒的に少ないため、AndroidやIOSと比較すると劣勢になることは間違いない。

今後のアメリカの制裁は、スマートフォンバブル崩壊の引き金を引くきっかけになりかねない。そうなればアメリカ自体も甚大ではない経済ダメージを被ることになるだろう。双方にとって良い落としどころを見つけてほしいものである。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.