Microsoft Office 2019 プレビュー版がリリース!



MicrosoftがOffice2019のプレビュー版を公開しました。Office2019にはOffice 365版も含まれ、さらに32ビットのWindowsシステム用にいくつかのOfficeアプリケーションのテスト版が利用可能。

 

Office2019は2018年後半にリリース予定で、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Access、Project、Visioなどのクライアントアプリケーションに加え、 Exchange、SharePoint、Project Server、Skype for Business Serverなどのサーバーアプリが含まれます。よって、企業にはOffice2019へのアップデートに伴いOffice 365への移行を推奨しています。また、Office2019はWindows10でのみ動作。サーバアプリケーションの場合はWindows Server2019が必要になります。MACのプレビュー版に関しては今後数カ月以内に配信予定。

また、Office2019では圧力の感度や傾き効果、ペンの種類など、メイキング機能が大幅にバージョンアップ。さらに新しいチャート機能にデータ分析、洗練されたプレゼンテーション機能が追加されます。

プレビュー版への参加方法はこちら→https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4133311/how-to-participate-in-the-office-2019-commercial-preview-program

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です