Wear OS Developer Preview 2 | スマートウォッチ用OS最新プレビュー版が配布開始!

投稿日:


 
Googleのスマートウォッチ用 Wear OSでDeveloper Preview 2(DP2)が利用可能となりました。今回のアップデートではGoogle on Actions(AoG)のサポートと節電機能の強化が行われています。

AoG(Action on Google)のサポート

AoGは Googleアシスタント向けのプラットフォームで、サムネイル画像の表示、素早く返信するための候補内容表示、テキスト読み上げ機能をサポートしました。既存のアクションはそのままの状態で利用でき、追加機能もAndroid Pには依存せずWear OS2.0をお使いの全てのユーザーに展開されます。

拡張バッテリーセーバー

今回のアップデートではバッテリーセーバーも強化されています。拡張バッテリーセーバーを起動すると、ウォッチフェイスは自動的に電力効率の良いデザインに切り替わり、タッチスクリーン、通信、傾けることによる時計の表示機能などがまとめてOFFに。サイドボタンを押すと時計が表示され、長押しすると拡張バッテリーセーバーはOFFになり通常モードに戻り、一瞬でNFCによる支払いやメッセージへの返信を行うことができます。

省電力機能のアップデート

前バージョンの節電モードではBluetoothの通信を停止すると同時にWi-Fi接続も切断されていましたが、今回のアップデートではそれを解消しました。また、利用中に定期的なバックグラウンドによる通信などが必要なヘルスケアアプリに関しては、充電器に接続されたときに通信を行うようにするなど機能を調整中です。

 

ダウンロードはコチラ→https://developer.android.com/wear/releases/wear-preview-downloads

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.