Moto Z3 Play | 全面レンダリング画像が新たにリーク!

Pocket
Facebook にシェア

『Moto Z3 Play』の新なレンダリング画像がリークされました。

『Moto Z3 Play』は本体にガラスとアルミのハイブリッド素材を採用。

カメラはフロントがシングルレンズ、メインがデュアルレンズとなり、解像度はフロントカメラが500万画素でメインカメラが1200万画素+800万画素。メインカメラはf/1.6と大口径なレンズが使用され、カメラに定評のあるMoto Zシリーズのイメージをそのまま引き継いでいる印象です。

指紋認証がサイドに設置されているのも大きな特徴の一つ。

また、ディスプレイは6インチのフルHD+(1080 x 2160)で、縦長比率の大画面。

SocにはXiaomiのRedmi note 5にも使われているクアルコムのSnapdragon636。公開されているベンチマークは10万越えなので、ミドルハイスペック機として存在感をアピールすることになるでしょう。

バッテリー容量は3000mAhと画面サイズと解像度に対してやや少なめなイメージですが、Snapdragon636は電力効率に優れるので必要十分なのかもしれません。

カラーバリエーションはゴールドとブルーの2色展開。

Moto Z3 Playの画像

 

 

 

Moto Z3 Playのスペック

OS Android 8.0 (Oreo)
SoC Qualcomm SDM636 Snapdragon 636
メモリ 4GB/6GB
保存容量 32GB/64GB
SDスロット 最大256GB
液晶 6.0型(1080 x 2160)
背面カメラ 1200万画素(f / 1.6)+ 800万画素、位相検出、レーザオートフォーカス、デュアルLEDデュアルトーンフラッシュ
前面カメラ 500万画素(f /2.0,1.4μm)、デュアルLEDデュアルトーンフラッシュ、1080p
対応バンド 2Gバンド

GSM 850/900/1800/1900
3Gバンド:

HSDPA 850/900/1900/2100
4Gバンド :

1(2100)、3(1800)、5(850)、7(2600)、8(900)、19(800)、20(800)、28(700)、38(2600)、40 )、41(2500)

Simサイズ NanoSIM×2
Bluetooth 5.0、A2DP、EDR、LE、aptX
Wi-Fi Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac、デュアルバンド、WiFi Direct、ホットスポット
NFC 対応
センサー 指紋(サイドマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
バッテリー 3000mAh(急速充電対応)
サイズ -
重量 -
カラー ゴールド、ブルー

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.