SONYから発売中のE-ink電子ペーパー、DTPシリーズに10インチが新登場!

Pocket
Facebook にシェア

ソニーはE-ink電子ペーパーを採用したDTPシリーズに、新たに10インチモデルを追加しました。10インチの登場によって、これまで13.3インチで使われていた機能をよりポータブルな環境で扱うことができるようになります。

13.3インチモデルが345gだったのに対し、10インチモデルは僅か240g。利用時間が長かったり、持ち運ぶ機会が多い場合は断然10インチモデルがオススメとなります。

今回の新型リリースに伴い機能面もアップデート。ドキュメント、フォーム、およびメモのスマートフォンへの転送が容易になるほか、コンピューターを介して表示されている画面をリアルタイムにディスプレイやプロジェクターに投影可能に。他にもページ検索機能、ズーム機能、ページの自動回転、複数ページのサムネイル自動作成など、便利機能が多数追加されています。

価格は13.3インチモデルから1万円以上安くなり、65000円程度。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.