Galaxy S Lite Luxury Edition | ギャラクシーにラグジュアリーなミッドレンジモデルが登場!


 

SAMSUNGはGalaxyシリーズのミッドレンジモデルにあたるGalaxy S Lite Luxury Editionをリリースしました。

Galaxy S LiteにはGalaxy8と同様のボディが使われ、アスペクト比は18.5:9のSuper AMOLEDディスプレイを搭載。解像度はQHD +のハイエンド機からややスペックダウンしてフルHD+(2,220 x 1,080)となっている。もっとも5.8インチクラスのディスプレイで両モデルのディスプレイを比較しても違いは分かりづらいレベルでしょう。

Socにはクアルコム社のSnapdragon 660チップを採用。メモリーは4GBでストレージが64GBとなります。MicroSDカードスロットも備え、最大容量は400GB。

リアカメラにはf/1.7の大口径レンズが使用され、解像度は1600万画素。GalaxyS9のようなF値を切り替える機能は搭載されません。フロントカメラにもf/1.7の大口径レンズが使われ、解像度は800万画素。また、フロントカメラはハイエンド機と同様、虹彩認証を使用したフェイスロックをサポートします。

付加機能としてはNFCの搭載。IP68の防水防塵性能も備えます。さらにGalaxy独自機能のバーチャルアシスタント、Bixbyを使うことも。

カラーはMidnight BlackとBurgundy Redの2色展開。リリース予定日は6月1日で、価格は7万円程度での発売となります。

 

Samsung Galaxy S Lite | 関連画像

 

 

 

Samsung Galaxy S Lite | スペック

OS Android 8.0 (Oreo)
SoC Qualcomm Snapdragon 660
メモリ 4GB
保存容量 64GB
SDスロット 256GB
液晶 5.8型 フルHD+(1080 x 2220)
背面カメラ 1600万画素(f /1.7,1.12μm)、位相検出オートフォーカス、LEDフラッシュ、ジオタグ、タッチフォーカス、顔検出、HDR、パノラマ
前面カメラ 800万画素(f / 1.7,25mm、1 / 3.6 “、1.22μm)、オートフォーカス
対応バンド 2Gバンド

GSM 850/900/1800/1900
CDMA 800&TD-SCDMA

3Gバンド:

HSDPA 850/900/1900/2100

4Gバンド :

LTE FDD 1(2100)、3(1800)、4(1700/2100)、5(850)、7(2600)、8(900)、12(700)、17(700)、34 (2600)、39(1900)、40(2300)、41(2500)

Simサイズ NanoSIM×2
Bluetooth 5.0、A2DP、LE、aptX
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac、デュアルバンド、Wi-Fi Direct、ホットスポット
NFC 対応
センサー 虹彩認証、指紋(リアマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス、気圧計
バッテリー 3000mAh(Qiワイヤレスチャージ)
サイズ 約148.9×68.1×8mm
重量 150g
カラー ブルゴーニュレッド、ブラックナイト

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です