Snapdragon 710 | Qualcommがプレミアム機能満載な最新Socをリリース!

Pocket
Facebook にシェア


QualcommはSnapdragon700シリーズの最新作であるSnapdragon 710をリリースしました。まだSnapdragon 710を搭載したデバイスは発表されていませんが、Qualcommははすでにメーカーに対してサンプルを提供済みとしている。

Qualcommが最初にSnapdragon700をリリースした際の説明では、Snapdragon700シリーズの位置付けは『800シリーズのライト版』であるとのことでした。言い換えれば、Snapdragon 845に関連した機能が多数組み込まれるということでしょう。

Snapdragon 710は、10nmプロセスで構築されたオクタコアプロセッサで、6つのコアが1.7GHz〜2.2GHzのクロックパフォーマンスで動作します。

また、Snapdragon 660と比較した場合、全体的な動作性能は20%、Webブラウジングの速度は25%、アプリケーションの起動時間は15%それぞれスピードアップ。さらに4Kビデオ再生及びゲームプレイ時は40%。ストリーミング動画の再生においては20%の消費電力を削減し、全体的に効率を高めたシステムであることがよく分かります。

そしてSnapdragon 710のメイン機能とも言える人口知能(AI)の分野においてSnapdragon 660と比較して性能が約2倍向上。Googleが開発しオープンソースであるTensorFlowやTensorFlow Liteのサポートも明らかにしている。AI以外の分野でもSpectra 250 ISPによるカメラ機能の強化、Snapdragon X15 LTEにより接続速度が向上、Adreno 616の採用によりグラフィック処理速度を最大35%アップなど、ライトという位置付けとは思えない仕上がりとなっています。

Snapdragon 710搭載端末のリリースが楽しみでなりません!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.