Snapdragon 710 | Qualcommがプレミアム機能満載な最新Socをリリース!

投稿日:


QualcommはSnapdragon700シリーズの最新作であるSnapdragon 710をリリースしました。まだSnapdragon 710を搭載したデバイスは発表されていませんが、Qualcommははすでにメーカーに対してサンプルを提供済みとしている。

Qualcommが最初にSnapdragon700をリリースした際の説明では、Snapdragon700シリーズの位置付けは『800シリーズのライト版』であるとのことでした。言い換えれば、Snapdragon 845に関連した機能が多数組み込まれるということでしょう。

Snapdragon 710は、10nmプロセスで構築されたオクタコアプロセッサで、6つのコアが1.7GHz〜2.2GHzのクロックパフォーマンスで動作します。

また、Snapdragon 660と比較した場合、全体的な動作性能は20%、Webブラウジングの速度は25%、アプリケーションの起動時間は15%それぞれスピードアップ。さらに4Kビデオ再生及びゲームプレイ時は40%。ストリーミング動画の再生においては20%の消費電力を削減し、全体的に効率を高めたシステムであることがよく分かります。

そしてSnapdragon 710のメイン機能とも言える人口知能(AI)の分野においてSnapdragon 660と比較して性能が約2倍向上。Googleが開発しオープンソースであるTensorFlowやTensorFlow Liteのサポートも明らかにしている。AI以外の分野でもSpectra 250 ISPによるカメラ機能の強化、Snapdragon X15 LTEにより接続速度が向上、Adreno 616の採用によりグラフィック処理速度を最大35%アップなど、ライトという位置付けとは思えない仕上がりとなっています。

Snapdragon 710搭載端末のリリースが楽しみでなりません!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.