GoogleがXiaomi Storeを使って独自にAR CORE対応アプリを配信開始

Pocket
Facebook にシェア

GoogleはXiaomiのアプリストアを使ってMi Mix 2Sに対応するAR(拡張現実)体験用のAR COREアプリをリリースしました。Googleは今後、Xiaomi以外のHuaweiやSAMSUNGといったメーカーに対しても同様のサービスを提供する方針。

現在Google Playをはじめ、中国では多くのGoogleサービスがブロックされている状態です。AR COREを使う場合には、Google Playからアプリをダウンロードする必要があったので使えないのが現状でした。しかし今回そのアプリをXiaomi独自のアプリストアからダウンロード可能にしたことで、裏技的なやりかたでAR COREが中国でも利用可能となりました。

中国でGoogleアプリの流通を拡大するため、GoogleはXiaomiやHuaweiと直接契約を結んでいます。さらに新興企業に投資を行う目的の一つとして、Tencent(中華人民共和国広東省深圳市に本拠を置く持ち株会社で、インターネット関連の子会社を通してソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタントメッセンジャー、Webホスティングサービスなどを提供している。 )と業務提携を結びました。

さらに『ハードウェアのシリコンバレー』とと呼ばれるようになった深センへの開拓をはじめ、北京ではAI(Artificial Intelligence)ベースの研究所を設立しました。今後は上海で9月に行われるイベントで、アジアの新興企業向けてデモンストレーションを行う、デモデープログラムの開催を予定している。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.