Apple iPhone 9には3D検知機能に対応するトリプルレンズを採用か

最近流れている情報によれば、Appleは新型のiPhoneにトリプルレンズを採用する予定です。トリプルレンズカメラには3D深度検知とズーム強化機能が含まれます。

3D検知は2つの異なるセンサーが異なる角度から情報を取得。三角測量法を利用して被写体との距離を計測します。さらにフロントカメラに搭載されるTrueDepthカメラシステムと同様に、リアカメラの3D検知はARに使用されるとの情報も。

ズーム機能の強化については、第3レンズの焦点距離を長くすることも考えられます。現状のiPhoneは2倍光学ズームが限界ですが、トリプルレンズの採用で3倍光学ズームの搭載も可能となるでしょう。

HuaweiのP20Proが登場した時に思いましたが、すでにスマートフォンの画質はコンデジを抜き去っているイメージがあります。そして今やミラーレス一眼などに迫る勢いです。個人的には複数のレンズを搭載したコンデジが安価で出無いかな、と期待しているのですが、原理的に難しいのですかね。カメラメーカーさん、期待してます!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です