Huawei Watch 2(2018)がリリース!eSIMとHuawei Payをサポート

Huaweiは中国でHuawei Watch 2(2018)をリリースしました。今回リリースされたのは昨年リリースされたHuawei Watch 2の2018年モデルで、仕様は殆ど同じものとなっている。

今回のアップデートで大きくことなるのは、前モデルが4Gのnano SIMをサポートしていたのに対して、Apple Watch3と同様にeSIMをサポートするようになりました。eSIMをサポートすることでスマートフォンとHuawei Watch 2(2018)は共通の番号を持つことができ、スマートフォンを持ち歩かなくても外出先で通話機能を使用することが可能に。

また、Huawei Watch 2(2018)は今回のeSIMをサポートするというアップデートに合わせてデュアルマイクロフォンを採用。時計を使って通話がし易いように、品質を向上させています。

ベゼルにはセラミック素材が使われ、ショートカットボタンは自分仕様にカスタマイズが可能。さらに8種類の健康状態をモニタリングでき、常時心拍測定機能もその内の1つです。独自のモーションアルゴリズムではトレーニング用のガイダンスが表示され、エクササイズをしっかりサポートします。

また、NFCに対応し、Huawei Payによる支払いをサポートするのも特徴の一つです。海外は交通機関も含めて使えるスマートウォッチの幅が広くて羨ましいですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です