OPPO Find Xは史上最高クラスのフラッグシップモデルとして登場か

OPPOが最上位クラスとなるフラッグシップモデルを開発中であることがリークされています。製品名は『OPPO Find X』。

現在分かっている情報では、ディスプレイには6.42インチの超大型サイズが採用され、解像度もQHD+と超高精細。6.42インチクラスのディスプレイサイズになれば、解像度の高さもしっかり認識することができるでしょう。

Socには最上位のSnapdragon845を搭載。最近リリースされているフラッグシップモデルはSnapdragon845を搭載していることが多くインパクトにはかけますが、Xiaomi Mi 8のようにベンチマークで30万をこえられるかどうかが一つのポイントとなるでしょう。それ以外はメモリー8GBにストレージが256GBとフラッグシップらしい仕上がりとなっています。また、4000mAhの大型バッテリーはOPPO独自規格のVOOC Super Flash Chargeに対応し、短時間で素早い充電が可能です。

そしてもう一つ気になるのは、iPhone XやXiaomi Mi 8と同様に3D顔認証やディスプレイ埋め込み型指紋認証を搭載してくるかどうかということ。ディスプレイ埋め込み型指紋認証についてはOPPOと同じBBKグループのVivoがすでに採用していることから、搭載される可能性が高いかもしれません。技術力に定評のあるOPPOなので、フラッグシップ機でその実力を遺憾なく発揮して欲しいですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です