ASUS ROG Phoneはベンチマーク30万越え!完全無双したダントツハイスペックなゲームフォン

Pocket

 

スマートフォン業界で新たなカテゴリーを築きつつある『ゲームフォン』に、ASUSが参入しました。ASUSはゲームフォンのブランドを『ROG』とし、今回発売したゲームフォン第一弾の名称は『Rog Phone』としました。

 

今回ASUSが『Rog Phone』の発表の場所に選んだのは、台湾で開催されているテクノロジー関連の巨大イベント『COMPUTEX 2018』です。デバイスのハイスペック化が進み、大人気ゲームが続々とスマートフォンに移植されている現状を背景に、満を持してのゲームフォン参入となりました。

Socにはフラッグシップ機御用たちのSnapdragon845を搭載。さらにメモリー8GB、ストレージは512GB、ベンチマークは何と『30万4183』。これはスマートフォンメーカーがこぞって販売しているフラッグシップ機の性能を超越。パソコン業界でもゲーミングPCがスペック的には最強であるように、スマートフォン業界もそれに追随するカタチとなっています。

さらにディスプレイは発色と省電力性に優れる有機ELを採用。コントラスト比1万対1、90Hz、応答速度1ms、HDR対応など、ゲーマーの要望をこれでもかと詰め込んだ仕上がりに。

驚きのスペックはこれにとどまらず、ゲームフォンならではの振動機能に加え、本体のサイド2箇所にコントローラーとして可動させるためのタッチセンサーを装備。臨場感抜群のスピーカー、す。

アクセサリー環境も充実。CPUの熱暴走を防ぐために背面にとりつけることが可能な冷却システム、本体をとりつけることで2画面仕様となり、任天堂DSの様な見た目遊ぶことができるTwinview Dock、左右にとりつける本格的なゲームコントローラー、ディスプレイへの出力など、とことんゲームを楽しむためのアイテムがこれでもかと用意されています。

価格はまだ発表されていませんが、これだけの性能なのでそれなりになるでしょう。しかしゲーム機(フォン)選びに絶対妥協したくない!という人は、『Rog Phone』を買うべきだと思います。いまのところゲームフォンの中でもスペックはダントツです。

 

プロセッサー Snapdragon 845
GPU Qualcomm Adreno 630
表示 6.0“ 18:9(2160x1080)AMOLED
90Hzのリフレッシュ1msのピクセルの応答時間と速度
108.6パーセントDCI-P3の色域と10000:1のコントラスト比
10点マルチタッチは(グローブタッチをサポートしている)
離散画像処理チップは、HDRをサポート
メモリ LPDDR4X 8GB RAM
ストレージ UFS 2.1,128GB / 512GB
センサー 加速度センサー、e-コンパス、近接センサー、ホールセンサー、周囲光センサー、指紋センサー、ジャイロスコープ、2 x超音波AirTriiggers
無線 802.11a / b / g / n / ac / ad 2x2 MIMO
Wi-Fi DirectおよびWiGig 802.11adワイヤレスディスプレイのサポート
Bluetooth 5.0およびNFC
GPS GPS、aGPS、Glonass、BeiDouをサポート
サイドI / O カスタムUSB-Cは、USB 3.1 Gen 1、DP 1.4、高速充電(15W)、
ASUS HyperChargeダイレクトチャージ
ボトムI / O USB-CはUSB 2.0、高速充電(20W)、直接充電
3.5mmヘッドフォンジャック
カメラ メイン:12MP + 8MP(120°広角)
フロント:8MP
オーディオ スマートアンプを搭載したデュアルフロント
フェーディングステレオスピーカー24ビット/ 192KHz Hi-Res Audio
DTSヘッドフォン:X 7.1バーチャルサラウンドサウンド
Qualcomm aptX高品位Bluetooth®ワイヤレスオーディオ
電池 4,000mAh
寸法 158.8×76.2×8.6mm
重量 200g

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Apple iPhone 12がDxOMarkに登場!iPhone 12と同スコア122を記録。小型スマホではダントツ!

カメラ画質の比較において世界一有名なサイトDxOMarkが、Apple iPhone miniのスコアを公開しました。トータルスコアは『122』で先にスコアが公開されていたiPhone 12と同じ。2 ...

mineoがahamo、Softbank on Line、povoへの対策で利用料金値下げへ。通信品質は維持出来るのか

格安SIM(MVNO)のmineoが、新利用料金『マイピタ』を発表しました。各通信キャリアが3月からスタートする格安プラン『ahamo』『Softbank on LINE』『povo』への対抗策と言え ...

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

『Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiとAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプ ...

シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 234 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.