Lenovo Watch Xは血圧センサー搭載のExplorer Editionでも6000円程度のドン引きプライスなスマートウォッチ!

 

Lenovoは先日のイベントで、スマートフォン端末のLenovo Z5に加えて『Watch X』と呼ばれるスマートウォッチをリリースしました。Watch Xについては通常モデルとExplorer Editionの2モデルが存在し、Explorer Editionには気圧計と血圧センサーが組み込まれます。

先日リリースされたばかりのASUSのVivo Watchが世界ではじめてスマートウォッチに血圧センサーを搭載し話題になりましたが、Watch X Explorer Editionは世界で2番目のスピードで血圧センサーを搭載することになりました。世界初と2番目ではインパクトがかなり違うので、宣伝的な意味では先にリリースしたASUSの勝ちでしょう。

ディスプレイには省電力生に優れる有機ELを採用。600mAhの大型リチウムを搭載していることもあり、スタンバイ時間は1度の充電で45時間に及び、最大80メートルの耐水性能も備えます。通信に使用するBluetoothのバージョンは最新の5.0。

センサーには心拍センサー、ジャイロスコープ、重力センサー、電子コンパス、そしてExplorer Editionには気圧計と血圧センサーが搭載されます。

カラーは通常モデル、Explorer Edition共にブラックとシルバーが用意され、通常モデルは金属製のミラネーゼバンドタイプが5500円程度、レザーバンドタイプが6000円程度となっています。Explorer Editionについてはミラネーゼバンドタイプが6000円程度、レザーバンドタイプは7500円程度です。Explorer Editionでこの価格ってちょっと安すぎやしませんか・・・?一桁間違えたかと思いました・・・・今すぐ欲しい!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です