Lenovo Z5は色んな意味で噂を吹き飛ばす高ポテンシャルのミッドレンジモデル!

Pocket
Facebook にシェア

 

発売前のリーク情報では100%近い画面占有率のフルビューディスプレイデザインで発売されると言われていたLenovo Z5。実際に発売されたデザインはノッチありのものでした。そして下部にも少しスペースが。期待しすぎていた方たちはがっかりされたのではないでしょうか。やりすぎマーケティングは逆効果という良い例です・・・。

しかし純粋にリーク情報をぬきにして端末を見ていくと、ミドルレンジモデルとしては十分すぎるデザイン、そしてスペック、驚きの価格です!これで文句言ったら怒られるレベルです!Socにはクアルコムの最新シリーズ、Snapdragon636を採用。これはXiaomiのRedmi note5と同じものになります。当サイトでもレビューしましたが、ベンチマーク、そしてカメラ性能が素晴らしいSocです。おそらくLenovo Z5も近いものとなるでしょう。

ディスプレイサイズはノッチありの6.2インチサイズ。画面占有率100%とはいかないものの、90%というフルビューディスプレイデザインの合格ラインをきちんとクリアしています。メモリーは6GBと高容量で、ストレージには64GB/128GBの2モデルが用意されています。バッテリー容量は3300mAhとディスプレイサイズと比較すると普通サイズですが、Snapdragon636は電力効率に優れるので全く問題ないでしょう。15Wの急速充電もサポートしてますし。

また、同じSocを搭載しているXiaomiのRedmi Note5に採用されているAIカメラ機能ですが、やはりLenovo Z5でもサポートされているようです。メインレンズは1600万画素でf/2.0の大口径レンズを使用。セカンドレンズは800万画素となっています。前述しているAI機能を搭載し、HDR+や4K撮影もサポート。スペックだけみても優秀な部類に入るでしょう。公式にサンプル画像が公開されているので一応のせておきます。

 

 

また、フロントカメラにもAI機能を搭載していて、自然で高精度なビューティーモードや、手動でシャッターを切る必要のない自動シャッター機能がついているようです。もちろんフェイスアンロックにも対応。

 

 

カラーはブラック、オーロラ、ブルーの3色展開。価格は
発売予定日は6GB/64GBモデルが25000円程度、6GB/128GBモデルが32000円程度となっています。発売は6月12日に中国で開始されます。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.