仮想通貨(ビットコイン)は中央銀行が介入できない独立したクリーンなお金!


仮想通貨は100円玉や1万円札のような硬貨や紙幣ではありません。姿形は見えないデジタルデータです。近いイメージで言えば、ドラクエの中に登場するゴールドが現実世界で使えるようになったものです。そしてその数は一番有名なビットコインも含め1400種類以上。ビットコイン以外のコインはまとめてアルトコインと呼ばれています。

仮想通貨とドルや円の一番大きな違いは、中央銀行のような管理者がいないことです。FX経験者であれば中央銀行の為替介入といった言葉を聞いたことがあるかと思いますが、仮想通貨にはそういったことは存在しません。

逆に中央銀行が存在しないということは、コントロールする機関がなく、通貨を好きなだけ発行できてしまうのではないかと考えてしまいがちですが、発行量には予め上限が決められているのでそういったことはありません。逆に円やドルは中央銀行のさじ加減で好きなだけ通貨を発行できるので、逆に信頼性は低いかもしれません。

また仮想通貨は取り扱い店舗であれば、世界中どこでも使うことができるので、国によっていちいち通貨を変える必要がありません。これは旅行や出張でよく海外にい行く人にとってはとても便利なことですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です