Vivo Nex Sは隠れるフロントカメラにSnapdragon845搭載で一気にフラッグシップモデル最前線へ

投稿日:

 

フルビューディスプレデザインの大本命。Vivo Nexがついにリリースされました!すでに実機サンプルやリーク画像が出回っていたので衝撃度は低いですが、それでもついに発表されたか!といった感じです。しかもSocには噂されていたSnapdragon710ではなく、最強SocのSnapdragon845が搭載されています!上位モデルのSとミドルハイスペックのA、2モデル出るんですね、これは完全にサプライズ!フラッグシップモデルにダークホースが参入しました!

Vivo Nex Sの一番の特徴は、なんといってもフロントカメラを隠すことできるということです。スライドしてカメラが出てくる感じ、ガンダム好きにはたまらないことでしょう。そしてフロントカメラのレンズスペースを設ける必要が無くなったので、ディスプレイ占有率は91.24%まで向上。

今それぞれのメーカーはこの占有率を0.01%でもあげるために躍起になっています。今回発表されたVivo Nex Sの画面占有率は、当然のことながら最高レベル。まさに技術の結晶と言えるのです。

さらにVivo Nex Sのディスプレイはものすごく多機能です。AMOLEDを採用していて、ただ省電力で美しいという訳ではありません。指紋認証キーとなり、さらにスピーカーにもなるんです。

ディスプレイ内に搭載された指紋認証キーは第三世代。画面内指紋認証を採用しているメーカーは他にもありますが、最初に採用をしたのはVivoですし、第三世代まで技術を進化させているメーカーもVivoしか存在しません。技術力では頭一つ抜きん出ているイメージです。

画面をスピーカーに変えるスクリーンサウンドキャスティング技術はパワフルな低音と柔らかく滑らかな高音による出力を可能としています。普通のスマートフォンであればスピーカーは本体の下部分に搭載されています。そうなると音はどうしても下に抜けていきます。しかしVivo Nex Sの場合は音がユーザーに向かってそのまま流れてくるので、聞こえ方が異次元となることは間違いないでしょう!

SocにはまさかのSnapdragon845を搭載。直前まで流出していた情報では、ミドルハイスペック機に搭載されるSnapdragon710を採用とのことでした(Vivo Nex AはSnapdragon710搭載)。710が845だと分かった時の衝撃は中々のものです。GPUにもハイパワーで電力効率に優れるAdreno 630グラフィックプロセッシングユニットが採用され、メモリーは大容量の8GB!今からベンチマークが楽しみですね!

そして最強SocのSnapdragon845の採用により、当然のことながらAIまわりも強化されています。特に強化されていると感じるのはカメラ機能です。カメラに搭載されたAI機能は『AIシーン認識』『AI HDR』『『AI フィルター』『AIフォトコンポジション』と名付けられ、初心者にも最高の画質を提供できるようにAIが徹底的にサポート。カメラのAI機能は他メーカーのスマートフォンにも搭載されていますが、Vivo Nexの場合はその機能が全部入りしたイメージです。なんという技術力!早くフォトサンプルを見てみたい!

さらにAI機能はカメラにとどまらず、独自の音声アシスタントJovi Intelligent Voiceにより、音声コマンドによるアプリの起動や操作など、直感的な操作が可能となりました。Jovi Intelligent VoiceはAIボタンを押すことによりいつでも簡単に起動できます。

発売予定日は6月23日、価格は8GB/128GBが78,000円程度、8GB/256GBが87,000円程度となっています

Vivo Nex Sのスペック

OS Android 8.1 (Oreo)
SoC Qualcomm Snapdragon 845
メモリ 8GB
保存容量 128GB/256GB
SDスロット -
液晶 6.59インチ(1080 x 2316ピクセル)
スーパーAMOLED
背面カメラ 1200万画素(f / 1.8,1 / 2.5 "、1.4μm、デュアルピクセルPDAF)+ 500万画素(f / 2.4)、4軸OIS、位相検出オートフォーカス、デュアルLEDデュアルトーンフラッシュ
前面カメラ ポップアップ式 800万画素(f / 2.0)
対応バンド 2Gバンド

GSM 850/900/1800/1900

3Gバンド:

HSDPA 850/900/1700(AWS)/ 1900/2100

4Gバンド :

1(2100)、2(1900)、3(1800)、4(1700/2100)、5(850)、7(2600)、8(900)、12(700)、17 (800)、19(800)、20(800)、25(1900)、26(850)、28(700)、34(2000)、38(2600)、39(1900)、40 (2500)

Simサイズ NanoSIM×2
Bluetooth 5.0、A2DP、LE
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac、デュアルバンド、Wi-Fi Direct、ホットスポット
NFC -
センサー 指紋(ディスプレイ埋め込み式)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
バッテリー 4,000mAh(22W急速充電)
サイズ 約162×77×8mm
重量 199g
カラー ブラック、レッド

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

ASUS ROG Phone ZS600KL

スマホゲーマー憧れの端末、キングオブゲームフォンとも言えるASUSのROG Phone!まさか日本に参入してくるかとは思っていませんでした。最高の処理速度、最高の冷却機能。ゲーミングPCの快適さをスマホでも体感できる。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.