Xiaomi Mi 8 ExplorerとSONY Xperia XZ 2 Premium 超最強のフラッグシップ、買うならどっち!?

 

Xperia XZ 2は、Snapdragon845を搭載した高性能なフラッグシップ機です。しかし前回比較検証した時に、どこか物足りなさを感じてしまいました。しかしXperia XZ 2にはさらに上のモデルが存在します。それがXperia XZ 2 Premiumです!Xperiaシリーズでははじめてデュアルレンズカメラを搭載した、まぎれもない本気モデル。XZ 2というフラッグシップを超えた、超フラッグシップ・・・のはず!

対するMi 8 ExplorerはMi 8の最上位モデル!Mi 8で十分という人が恐らく9割のはずなのに、残りの1割の人の為に最新技術を詰め込んださらに上のモデルを出すあたり、スマートフォンメーカーを代表しようというXiaomiの強い意志が感じられます。SONYの本気とXiaomiの本気のぶつかり合い!結果はいかに!

Xiaomi Mi 8 Explorer vs Xperia XZ 2 Premium徹底比較

デザインについて

Mi 8 Explorerはスケルトン素材を使用しているので、中の基盤が見えるようになっています。Snapdragonのロゴがチラッと見えるのが良いですね。基盤のレイアウトも美しい!メカ好きの人にはたまらないデザインです。正面はMi 8と変わらず、ノッチあり、画面占有率86.8%のフルビューディスプレイデザインです。背面は人工高額に基づき手にフィットしやすいように湾曲しています。重さは177g。カラーはスケルトンブラック1色。

Xperia XZ 2 Premiumはアルミ合金とガラスのハイブリッド素材を採用。背面は全体的に湾曲を描いています。というのも厚みが11.9mmとかなり分厚く、ある意味湾曲をつけやすくなっているのでしょう。XZ 2と比較して0.8mm厚くなっています。ディスプレイには3Dガラスが使われていて、エッジ部分が立体的にカットされて、サイドのアルミ合金との間に隔たりがなくシームレスに。全体のデザインが丸みを帯びているので、3Dガラスの採用は一体感を高めています。しかし重さはまさかの236g!!画面サイズは5.8インチなのにちょっと信じられない重さです。ヘビー級か!カラーバリエーションはクロムブラック/クロムシルバーの2色。

 

Xiaomi Mi 8 Explorer

 

Xperia XZ 2 Premium

 

 

 

 

【結果】Xiaomi Mi 8 Explorer

XZ 2 Premiumの丸みを帯びたデザイン、可愛らしく見えなくもありません。いかんせん厚い・・・そして重いです!ベゼルも相変わらず広すぎです。XZ2に関しても厚みと重さは問題だと感じていましたが、Premiumモデルになり厚みと重さがさらに増えています。普通Premiumだったら減らす努力をするんじゃないですか!?Xperia XZ 2 Premiumの厚さ11.9mm、重さ236g(国内モデルは234gと公表されています。その分電池の容量が3,540mAh→3,400mAhに減少)なのに対して、Mi 8 Explorerは厚さ7.6mmで重さは177gです。デザイン云々以前に、完全に階級違いですね。

 

ディスプレイ性能

Mi 8 ExplorerはMi 8と同様に、SAMSUNGのGalaxy Sシリーズにも採用されている最高スペックなスーパーAMOLEDパネル(有機EL))を採用。有機ELの特徴であるハイコントラスト比は60000:1にも及びます。これにより明暗の差をはっきりさせることができ、メリハリのある表示が可能。さらにDCI-P3というデザイタルシネマ規格にも対応し、色域表現が広範囲で豊かに。最新のHDR 10をサポートしているのも大きな特徴の一つです。画面の大きさは6.21インチで解像度はフルHD+(2248×1080)。

XZ 2 PremiumはSONY独自開発の4K HDRトリルミナス®ディスプレイfor mobileを採用。超高解像度と幅広い色域表現に対応します。通常規格(SDR)の画質をHDRにコンバートして表示することも可能です。最近ネット配信でコンテンツが増え始めた 4K HDR規格の動画表示も可能で、エンターテイメントを思う存分楽しめます!一つ気になるのは、Xperiaは一昔前に4Kディスプレイのスマートフォンを発売しています。その時は消費電力が高すぎて電池の持ちが非常に悪く、大不評でした。今回はそれもふまえて、輝度向上と省電力を両立する「RGBW(赤・緑・青・白)」画素を採用。色表現と省電力がどこまでのレベルかに、この端末の未来はかかっていると思います。5.8インチという画面サイズで4K解像度を認識するのはかなり難しいんですけどね・・・。VR用途として使うなら良いかもしれませんが。画面の大きさは5.8インチで解像度は4K(2160×3840)。

【結果】引き分け

やはり XZ 2 Premiumの4K HDR ディスプレイ搭載という意気込みは評価に値すると思います。これぞ超フラッグシップモデル。問題の連続使用時間が、電力効率の良いSnapdragon845を搭載したことにより、どこまで改善されているかどうかがポイントとなるでしょう。Mi 8 Explorerは、省電力とメリハリのある美しい色表現が可能なスーパーAMOLEDパネルを搭載しているので安心感は抜群。HDR10にも対応と死角なし。

 

ハードウェア性能

Mi 8 Explorer

Xperia XZ 2 Premium

搭載されているSoc はMi 8 Explorer、XZ 2 Premium共にSnapdragon845です。同じSocですが、スコアを見るとそれなりの差が出ています。スコアの違いを体感できるかどうかは定かではありませんが、数値で判断するとMi 8 Explorerの方が優れていることがわかります。

Mi 8 Explorer、XZ 2 Premium共に、NFCに対応し、Xperia XZ2(docomo、auモデルの場合)はさらにFeliCaを使った日本独自規格のお財布機能も搭載しています。お財布機能を重視している人は結構多いですが、今はGoogle Payを使えばSuicaにチャージやクレジットカード決済もできますし、お財布機能(FeliCa)の利便性は徐々に薄れていくと感じています。世界的に見れば正しい傾向だと思いますが。

さらに、Mi 8 ExplorerはGPSデュアルバンドにスマ−トフォンとしては世界ではじめて対応したこともウリの一つとしています。デュアルバンドのサポートによりGPS精度は大幅に向上。都心など複雑な場所でも細かい位置まで正確にサポートします。日本ではまだ整備が遅れているのであまり恩恵は受けられないとかなんとか。

また、XZ 2 Premiumはワイヤレス充電に対応しています。専用ドックを含め、ワイヤレス充電に対応している充電器であれば、充電ケーブル不要の置くだけ充電を可能とします。

【結果】引き分け

Antutuのトータルベンチマークは、CPUのクロックやメモリの速さ、ディスプレイ解像度やストレージの転送速度などを含めて総合的なスコアを算出しています。よって、同じSocを使っていてもスコアに差が出るのはその他のハードウェア性能に差があるということです。ベンチマーク的にはMi 8 Explorerが優位ですが、XZ 2 PremiumもFeliCaやワイヤレス充電に対応するなど利便性の向上には企業努力が感じられます。Mi 8 ExplorerもGPSデュアル対応など最新技術を盛り込んできていますが、総合的に見て引き分けとなりました。

 

防水性能

Xiaomi Mi 8

防水性能公表なし

Xperia XZ 2 Premium

IP65/IP68の防水防塵性能に準拠(粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ水流や長時間の水没にも耐える)。

【結果】Xperia XZ 2 Premium

Mi 8は防水性能について公表していないのに対し、Xperia XZ 2 PremiumはIP68と最高水準の防塵防水規格に準拠しています。砂埃などが多いアウトドアの現場や、お風呂の中でも安心して使えるでしょう。

 

カメラ性能

Mi 8 Explorer

■メインカメラ
1200万画素(f / 1.8,1 / 2.55 “、1.4μm、4軸OIS、デュアルピクセルPDAF)+ 1200万画素(f / 2.4,1 / 3.4″、1.0μm)、2倍光学ズーム、デュアルピクセル位相検出オートフォーカス、デュアルLEDフラッシュ

2160p @ 60fps、1080p @ 30 / 240fps

■フロントカメラ
2000万画素(f /2.0,1.8μm)、1080p

 

Xperia XZ 2 Premium

■メインカメラ
1920万画素(f / 1.8,25 mm、1 / 2.3 “、1.22μm)+ 1220万画素 B / W(f / 1.6,1 / 2.3″、1.55μm)、5軸ジャイロEIS、予測位相検出とレーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ

2160p @ 30fps、1080p @ 30 / 60fps、1080p @ 960fps、HDR

■フロントカメラ
13 MP(f / 2.0,22mm、1/3 “、1.12μm)、5軸ジャイロEIS、1080p

 

メインレンズに関しては、f値は同じで XZ 2 Premiumの方がセンサーサイズが少し小さめ。性能で言えばMi 8 Explorerの方が暗部に強いことになります。セカンドレンズは XZ 2 Premiumがモノクロセンサー仕様。 XZ 2 Premiumの方が大口径でセンサーサイズも大きいです。 XZ 2 Premiumはセカンドレンズにより、メインレンズのセンサーをカバーしているイメージですね。AUBEという独自の融合画像信号プロセッサーにより人の目では認識出来ないレベルの情報を取り込むことが可能だとか。このあたりは、デュアルレンズを搭載していれば普通に入っているチップに、SONYが名称をつけて誇張してる感があるのでスルーで良いかもしれません。

ピント合わせは、Mi 8 ExplorerがデュアルピクセルPDAFを採用。PDAFは遠近感があったり動いている被写体に対しても高速でピント合わせができることが特徴です。通常のPDAFでは 画像センサーを5%程度しかオートフォーカスに使用できなかったので測定範囲が限られていました。しかしデュアルピクセルPDAFはセンサー全てを使ってオートフォーカスを行うので、測定範囲が大幅に広がり精度も向上しています。

対するXZ 2 Premiumは被写体に向けて赤外線を飛ばし、それが跳ね返ってくる時間を測定して正確な距離を把握するレーザーAFセンサーを搭載。レーザーAFは、暗所でも素早いピント合わせを可能とします。

手ブレ補正機能はMi 8 Explorerが4軸OIS(光学手ブレ補正)を採用しているのに対し、XZ 2 Premiumは5軸ジャイロEIS(電子式手ブレ補正)となっています。5軸ジャイロEISはどちらかと言えば写真より動画を撮る時に効果を発揮します。

XZ 2 Premiumは写真でISO 51200、動画でISO 12800の撮影を可能としています。通常であればISOの数値をあげれば感度があがり、短いシャッタースピードで手ブレの少ない写真が撮れるようになります。しかしISOをあげればあげるほど画質は低下し、51200など実用的とは考えられません。何か作例は無いかと探していたところ、公式な情報がありました。流石SONYです。

Introducing Xperia XZ2 Premium – the ultimate creation machine

A pioneering dual camera smartphone – Discover Xperia XZ2 Premium: http://bit.ly/XperiaXZ2PremiumCamera Xperia XZ2 Premium takes smartphone imaging to the next level, allowing you to capture reality and its fleeting moments in ultra-low light for you to re-live and share. Xperia XZ2 Premium has two redesigned 7-piece lenses with large apertures in a new dual camera set-up.

何!!ISO51200でも十分美しい・・・これが本当の画質なのであれば結構すごいことです。フルサイズの大きな一眼レフを使って撮るのも中々難しいレベル!

動画撮影に関してはMi 8 Explorerが4Kの60fpsに対応するのに対し、XZ 2 Premiumは30fps。表示できるコマ数が単純に半分になるので、早い動きの動画などでははっきりと差が出ます。

通常の動画撮影に関してはMi 8 Explorerが2160p@60fps、XZ 2 Premiumが2160p @ 30fpsとなっていて、Mi 8の方がコマ数を2倍多く細かい描写で撮れることになります。ただし、XZ 2 Premiumは4K解像度(30fps)のHDR撮影に対応しているので、どうしても4KHDRで撮りたい人は要注意。また、Mi 8は一度撮影した動画に7種類の加工技術を使い、簡単に映画やPVのように編集するスマートエフェクト機能を搭載しているので撮った後でもいろいろ楽しめます。

スローモーション撮影はスーパースローモーションモードを搭載するXZ 2 Premiumが優位。1080p @ 960fpsに対応し、高解像度で1秒あたり最大960コマによる超スロー撮影が可能です。インスタにのせるスロームービーを撮りたい時などに、この機能は便利です。

Mi 8 ExplorerもフルHD解像度で240fpsのスローモーション動画撮影に対応します。960fpsほどの細かさはありませんが、動画を重視しない人にとっては十分といえば十分かもしれません。

Xiaomi Mi 8 – Slow motion (240fps) camera video sample, Mi8

▶ Slow motion (240fps), .mp4, 1920×1080 @ 30 fps, H.264, ~20Mbit/s ▶ Full review: https://www.devicespecifications.com/en/editor-review/4f1676

AI機能はMi 8 Explorerが206シーンの中から自動的にベストな設定を選び出し、露出や彩度を最適化するのに対し、XZ 2 Premiumは52シーンと少し物足りない印象。写真に関してちょっと気になっているのは、XZ 2 Premiumには標準でポートレートモードが搭載されていないということです。8月にボケ効果というカタチでアップデートがくるようですが、レンズを使って被写界深度を測定した上でのボケになる可能性はやや低いかと。

ズーム機能はMi 8 Explorerが光学2倍ズームに対応するのに対し、XZ 2 Premiumはデジタルズームのみです。デジタルズームは撮った写真を後からトリミングするのと原理は一緒で解像度の劣化が伴いオススメできません。

Xiaomi Mi 8 Explorer撮影サンプル

 

Xperia XZ 2 Premium撮影サンプル

 

【結果】引き分け

これは判定がものすごく難しいです。動画を撮るなら間違いなくXperia XZ 2 Premiumでしょう。問題は撮る機会が動画よりも圧倒的に多い写真です。ISOを上げた高感度の撮影であればXperia XZ 2 Premiumがやや有利かもしれません。しかしMi 8 Explorerが高感度撮影に弱いというわけではなく、レンズ及びAI性能の高さにより、光が少ない場所でもサンプル画像のような素晴らしい写真が撮れています。その結果がベンチマークとして表れているということでしょう。Xperia XZ 2 Premiumのベンチマークはありませんが、前モデルとなるXperia XZ Premiumのスコアが出ているので参考まで。

写真に関してはかなり厳しい判定となっています。デュアルレンズ化して高感度に強くなったことによりスコアは確実に上がるはずですが、Mi 8 (Explorer)の105というスコアには到底叶わないでしょう。SONYはマーケティングがうまいのでどうしてもそっちに引っ張れがちですが、総合的に細かく評価した上で数値化しているDXOMARKのようなサービスの前では、それが通用しません。そういった意味ではXperia XZ 2 Premiumについても是非ベンチマーク化して、どの程度進化しているのかを見せていただきたいものです!

 

バッテリー性能

Xiaomi Mi 8 Explorer クイックチャージ4.0+

供給電圧を最適にするアルゴリズム「INOV」は温度監視チャンネルなどを増やし、電圧を0.02Vまで細かく監視できるようになりました。それにより効率化が向上。さらに「デュアルチャージ」の採用で充電速度をさらにはやめています。また、バージョン4+では「INOV」のアルゴリズムをスマートフォンにさらに最適化し、バージョン4と比較して充電速度を15%向上させています。搭載電池容量は3,000mAh。

Xperia XZ 2 Premium クイックチャージ3.0

いたわり充電機能などシステムによる制御機能もあるようですが、元になっている充電技術はXZ2と同様のクイックチャージ3.0です。Xiaomi Mi 8 Explorer が採用しているクイックチャージ4.0+の下位互換で、性能的には劣ります。しかしXZ 2 Premiumは充電ケーブル不要なワイヤレス充電をサポートしています。搭載電池容量は3,540(国内モデルは3,400)mAh。

【結果】引き分け

メインとなる充電性能でみると、クイックチャージ4は3と比較して充電スピードが20%、電力効率が30%アップしています。そして4+になると、4より充電スピードが15%向上、電力効率が30%アップと、3との比較となるとかなりの開きがみられます。ワイヤレス充電に関してはお手軽でとても便利ですが、充電速度では有線充電に到底及ばないのが現状です。

 

セキュリティについて

Mi 8 Explorerにはディスプレイ内指紋認証と3D顔認証という、現段階において最高レベルの技術が採用されています。

ディスプレイ内指紋認証は、画面の認証部分に指を置くことでロックが解除されます。今までは本体下部分か背面に指紋認証スペースが必ずありましたが、画面の下に埋め込むことによりその必要はなくなり、見た目も非常にスタイリッシュになりました。これぞ技術革新です。

次に3D顔認証です。Mi 8 Explorerが採用している顔認証技術はiPhone Xにも使われている最高レベルのもの(Xiaomi曰くiPhone X以上の技術)で、ノッチ部分に搭載されている多数のセンサーを使い、顔を平面ではなく3Dで立体的に認識。これにより写真など平面によるロックの解除は100%不可能になります。

2つの最先端技術を搭載しているMi 8 Explorerに対し、XZ 2 Premiumが搭載しているのは標準的な背面指紋認証とオマケ程度の顔認証(スマートロック機能)です。セキュリティに関しては大きな差を感じずにはいられません。3Dクリエーター機能いらないから、セキュリティを強化すべきでしょう!

 

Xiaomi Mi 8 Explorer

 

Xperia XZ 2 Premium

【結果】Xiaomi Mi 8 Explorer

これははっきり言って比較対象になりません。技術、セキュリティ面共にMi 8 Explorerの圧勝です。セキュリティ精度に関しては、中国製だから品質が悪い、日本製だから品質が良いという概念を根底から覆す結果となりました。

ソフトウェアについて

Xiaomi Mi 8 Explorer MIUI 10

Mi 8はアップデートが大きな話題になっている最新のMIUI 10を採用。フルビューディスプレイに特化したパフォーマンスやエクスペリエンスが大幅に向上しています。機械学習機能も向上し、ホーム画面からリマインダーや良く使うアプリへのアクセスが容易に。デュアルレンズのAIカメラを搭載しているのでAIポートレートの恩恵はあまり受けないかもしれませんが、それを抜きにしても操作性は抜群でしょう。

Xperia XZ 2 Premium Xperiaホーム

独自のものはXperiaホームというUIを搭載しています。表示する文字の大きさを調整できたり、1日の行動に合わせて端末の動きをスケジューリングすることができます。もっともAIによる機械学習機能により自動で・・・とかそういったことではないので、どこか古めかしさを感じます。Xperiaホームに関しては開発がされなくなるとか・・・

【結果】Xiaomi Mi 8 Explorer

最新のOSとSocに最適化されていると感じるのは断然MIUI 10です。操作性からAI機能、さらには効果音に至るまで、開発に手抜きは感じられません。逆にXperiaホームはOSに便利機能をちょっとずつ付け足してるイメージ。開発が終わるらしいので今後はどうするのか・・・

価格比較

Xiaomi Mi 8 Explorer

8GB/128GBモデル 63,500円程度

Xperia XZ 2 Premium

6GB/64GB モデル(docomo) 112,752円円
6GB/64GB モデル(au) 未定

6GB/64GB モデル(グローバルSIMフリー) 105,000円程度

 

 

【結果】Xiaomi Mi 8 Explorer

Mi 8 Explorerはフラッグシップモデルの中でもさらに上のモデルなので、さすがに比較したら高いかと思ってましたが、全然安いですね!XZ 2 Premiumの国内版と比較すると半額程度です!スペックが上がれば上がるほど、Xiaomi端末と他のメーカーの端末は値段に開きが出てしまいますね。何といってもXiaomiの粗利益率5%設定なので、仕方のないことなのか・・・。

 

Xiaomi Mi 8 Explorer vs Xperia XZ 2 Premium 結局買うならどっち?

買うなら断然Mi 8 Explorerですが、Xperia XZ 2 Premiumは思っていたよりずっと良かったです!やはりデュアルレンズカメラの採用と、多少無理しながらも4K HDRディスプレイを採用したことが大きいでしょう。せっかくのフラッグシップモデルなのだからそれくらいはやってくれないと!しかしありえない重さと、随所に古臭さが感じられてしまい、昔のような洗練されたイメージにはまだ遠いです。SONYには、Xperia XZ 2 Premiumのような挑戦的な端末を今後期待したいです。Apple、Xiaomi 、Huaweiとの差は相当開いてしまってますよ!

 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です