ロリポップは止めておいた方がいい!安物買いの銭失いになりかねないレンタルサーバー選び


 

数日前、当ブログがGoogleニュースにもフィードされるようになりアクセスがそれなりに増えました。しかしその頃から503エラー(サーバー側の同時アクセス数制限)が頻繁に出るようになり、レンタルサーバーを契約しているロリポップに問い合わせをしました。

回答としては、ワードプレスで使用している「JetPackとAccelerated Mobile Pagesというプラグインが高負荷をかけている状態で、停止すれば改善される」との事でした。Accelerated Mobile PagesはAMPページを生成するのに必要なプラグインなので停止することは避けたい。そこでJetPackを停止しました。まるでワードプレスの標準プラグインのように露出しているJetPackですが、ネットを見ても悪評の数々。

JetPackを止めたことで、一時的に503エラー(サーバー側の同時アクセス数制限)は無くなったか、に見えました。しかし停止したその日の夜、21時〜24時にかけて3時間程度、503エラー(サーバー側の同時アクセス数制限)がで続けて全くサイトにアクセスできない状態になりました(アクセスしていただいた方にご迷惑をおかけした事、お詫び申し上げます。)。さらにそれまではきちんと管理ページに表示されていた同時アクセス数制限履歴にも、情報は何も表示されない状態に。その時、ロリポップ終わったな、と思いました。

エラーがで続けた弊害なのか、翌日からはアクセス数が3分の1程度に激減。これは完全なる損失です。

いくら契約しているプランが安いとは言え、一時的なアクセス数が30〜40程度で503エラーを引き起こすレンタルサーバーってどうなのでしょうか?サーバー比較サイトを色々と見ましたが、正直ありえないレベルです。

今回被った損失は、250円(税抜)というサーバー契約料を遥かに上回っています。安さだけでレンタルサーバーを選ぶと、こういった大損失に繋がるのだということを学びました。

ロリポップからXサーバーに移転される方が多いようなので、私もその流れに合わせようと思います。さようならロリポップ。ついでにJetPack。もう二度と使う事は無いでしょう。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です