サーバー移転は表示を途切れさせる事なく安全に出来る!hosts設定で誰でも簡単かつ完璧に!

 

ワードプレスのレンタルサーバーを移転する上で、一番不安に思っていた事が移転時の空白の時間でした。プラグインを使ってエクスポート、インポートしなければならないので、まずネームサーバーの設定を新しいサーバーに変えなければなりません。

そこまでは良いとして、ドメインの設定が新しいサーバーに切り替わった瞬間、訪問者に表示されるのは、何も手をつけていないワードプレスの画面です。そしてそこから焦って作業すると、移転がうまくいかない可能性もあります。そうなるとめちゃくちゃな画面が公開される事に・・・。実はつい先日、このサイトはその状態に陥っていました。画面の前には勿論、混乱して頭をかかえる私の姿がありました(T . T)

しかしその大失敗があったからこそ、空白の時間を作らない、しかも動作チェックまで終えた状態でサイトを公開できる、最強のやり方を知ることが出来たのです。

空白の時間を作らずにサーバーを移転する

ドメインの設定

新しいサーバーでドメインの設定を行います。Xサーバーであれば、ドメインの中にあるドメイン設定から行います。

レンタルサーバーのIPアドレスを調べる

次に契約しているレンタルサーバーのIPアドレスを調べます。Xサーバーであれば、アカウントの中にある『サーバー情報』で表示できます。

 

hostsの書き換え

これはサーバーに対する設定ではなく、パソコン側の設定です。設定方法はOSによって異なります。細かく説明したいところですが、私より全然説明がうまいサイトがあったので、リンクを貼らせていただきます!

http://www.design-inc.jp/contents/support/hosts/

hostsの設定で何が変わるのかというと、ドメインが使うサーバーを自分だけ、強制的に変えることができるのです。私は元々ロリポップで契約していたので、本来ネームサーバーの設定をXサーバーに変えなければ、Xサーバー側のデータを見ることはできません。

しかしhostsでドメインのIPアドレスをXサーバーに変えることにより、自分だけXサーバー側のデータを見ることが出来るようになるのです!これすごいですよね。完全に素人なので、知った時は大興奮でした!

この設定をすると、自分以外はロリポップのサーバーにあるデータを見ていて、自分だけがXサーバー側のデータを見ているという状態になります。焦る必要も無いので、しっかりデータをエクスポートして、動作確認を行いましょう。全て終わったら、ネームサーバーの設定をXサーバーに変更して完了です。

hostsの書き換えを覚えれば、もうサーバーの移転なんて怖く無いぞ!

All-in-One WP Migrationを使えば、WordPressのサーバー移転は1時間以内に終わる!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

「サーバー移転は表示を途切れさせる事なく安全に出来る!hosts設定で誰でも簡単かつ完璧に!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です