Xiaomi Redmi 6 Proがリリース!5.84型のノッチディスプレイ採用で17,000円〜

投稿日:


 

Redmi 5の後継機種にあたる、Redmi 6 Proがリリースされました。Redmi Note 6 Proにはノッチが採用され、ディスプレイサイズが5.84インチ(1080x2280)、縦横比率はノッチ分縦が長くなり19:9。

SocはRedmi 5のSnapdragon450から微妙にグレードアップしてSnapdragon625を採用。Snapdragon450も優秀な最新Socなので、性能的にはあまり変わりません。メモリーとストレージは3GB/32GB、4GB/32GB、4GB/64GBの3モデルが登場します。電池容量は4,000mAhと、画面サイズの割りに高容量ですね。

 

カメラもシングルレンズからデュアルレンズにアップデート。メインレンズが1200万画素(f / 2.2,1.25μm)+500万画素(f / 2.2,1.12μm)となっていて、上位機種のRedmi Note 5 Proと比較すると少しスペックを落としています。

フロントカメラは解像度が500万画素でAIポートレートとHDR撮影機能をサポート。

セキュリティは指紋認証に加え、AIフェイスロック機能が搭載されています。AIとつくからには、センサーレベルでは無いにしてもそれなりにセキュリティレベルが高められているということでしょう。

MicroSDカードは256GBまでサポート。スロットはMicro SDとSimを2枚同時にさせるトリプル仕様。

また、イヤフォンジャックを標準搭載し、充電コネクタはMicroUSBに対応します。ノッチデザインであればここは何となくType-Cを採用して欲しかったですね。

カラーはブラック、ブルー、ゴールド、ピンク、レッドの5色展開。Xiaomiの端末ってどれもイメージ画像の色味がイマイチなんですよね。実機の方が遥かにいい感じです。価格は3GB/32GBが17,000円程度、4GB/32GBが20,500円程度、4GB/64GBが22,000円となっています。安・・・発売開始は6月26日の午前10時から。

モデル的にはRedmi 6 ProはRedmi 5の後継機という扱いになりますが、実際はRedmi S2をノッチデザインにして高解像度化させた感じですね。デザインもトレンドで価格もこなれてますし、ミドルスペック枠ではかなり人気が出るのでは無いでしょうか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.