Xiaomi Redmi 6 Proがリリース!5.84型のノッチディスプレイ採用で17,000円〜

Pocket
Facebook にシェア


 

Redmi 5の後継機種にあたる、Redmi 6 Proがリリースされました。Redmi Note 6 Proにはノッチが採用され、ディスプレイサイズが5.84インチ(1080x2280)、縦横比率はノッチ分縦が長くなり19:9。

SocはRedmi 5のSnapdragon450から微妙にグレードアップしてSnapdragon625を採用。Snapdragon450も優秀な最新Socなので、性能的にはあまり変わりません。メモリーとストレージは3GB/32GB、4GB/32GB、4GB/64GBの3モデルが登場します。電池容量は4,000mAhと、画面サイズの割りに高容量ですね。

 

カメラもシングルレンズからデュアルレンズにアップデート。メインレンズが1200万画素(f / 2.2,1.25μm)+500万画素(f / 2.2,1.12μm)となっていて、上位機種のRedmi Note 5 Proと比較すると少しスペックを落としています。

フロントカメラは解像度が500万画素でAIポートレートとHDR撮影機能をサポート。

セキュリティは指紋認証に加え、AIフェイスロック機能が搭載されています。AIとつくからには、センサーレベルでは無いにしてもそれなりにセキュリティレベルが高められているということでしょう。

MicroSDカードは256GBまでサポート。スロットはMicro SDとSimを2枚同時にさせるトリプル仕様。

また、イヤフォンジャックを標準搭載し、充電コネクタはMicroUSBに対応します。ノッチデザインであればここは何となくType-Cを採用して欲しかったですね。

カラーはブラック、ブルー、ゴールド、ピンク、レッドの5色展開。Xiaomiの端末ってどれもイメージ画像の色味がイマイチなんですよね。実機の方が遥かにいい感じです。価格は3GB/32GBが17,000円程度、4GB/32GBが20,500円程度、4GB/64GBが22,000円となっています。安・・・発売開始は6月26日の午前10時から。

モデル的にはRedmi 6 ProはRedmi 5の後継機という扱いになりますが、実際はRedmi S2をノッチデザインにして高解像度化させた感じですね。デザインもトレンドで価格もこなれてますし、ミドルスペック枠ではかなり人気が出るのでは無いでしょうか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

ハイガジェ注目トピックス

ベンツのSクラスを体感出来るスマホZenFone 7。中途半端なスペックが嫌なら全て最高性能なコレが正解。今なら5万円台

ReadMore

格安SIMなら200円で買えるRedmi Note 9S。一体何が出来るのか?スマホは毎日使うものだから価格より性能重視

ReadMore

格安SIMの大感謝スマホSALEで『品切れ』になりそうな超人気スマホTOP5!処理能力の高さと価格が優先されてる印象。

ReadMore

イルミネーションを撮るのにお勧めなシャオミとOPPOのカメラスマホはコレ!光るそら豆が証明する圧巻の画質。これがスマホ?

ReadMore

おサイフケータイ+防水+aで5,300円~!OPPOとXperiaの超使えるお勧めスマートフォンはコレ!超限定SALE中

ReadMore

モトローラのスマホって実際どうなの?今なら格安SIMで1,600円のmoto g8 POWERで検証してみた。アレは微妙

ReadMore

シャオミ、OPPO、TCL、Motorola。見た目がお勧めなミッドレンジスマートフォンTOP5!1位はあのカメラスマホ

ReadMore

やっぱりiPhone 12 miniじゃなくてiPhone SE 2ndで良いかも。格安SIMなら23日まで2万円台!

ReadMore

Amazonブラックフライデー、サイバーマンデーが11月27日~開始!Fire HD 8、10、TV Stickが対象に

ReadMore

コーヒー一杯より安い!Redmi Note 9Sが格安SIMで200円!プレミアムカラーも選べる今年最後の激安SALE!

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.