Qualcomm Snapdragon 632/429/439 人口知能を搭載した最新Socをリリース

 

QualcommがSnapdragon600シリーズと400シリーズの最新作、Snapdragon632,429,439をリリースしました。

Snapdragon632

メインストリームゲーム、4Kビデオキャプチャ、人口知能、LTEの高速化に焦点をあてて設計されています。先進的なFinFETプロセス技術に基づいて構築され、CPUにはQualcomm®Kryo™250、GPUにはAdreno 506を採用。その組み合わせにより前モデルと比較してパフォーマンスは40%向上しています。カメラは2400万画素のシングルレンズと1300万画素のデュアルレンズをサポート。ディスプレイはFHD+に対応します。また、通信速度を向上させるためにLTE AdvancedテクノロジーをサポートするX9 LTEモデムを内蔵しています。

Snapdragon429,439共通機能

市場動向に敏感な消費者に対し、人気モデルをより多く提供するために設計されています。どちらのSocにもカメラ、音声、セキュリティの各機能を強化するための人口知能を搭載。CPU性能と電力効率が前モデルと比較して25%向上。また、高速ダウンロード、スムーズな動画ストリーミング、シームレスなWebブラウジングを可能とするためにX6 LTEモデムを内蔵しています。

Snapdragon429

GPUにはAdreno 504を内蔵。こちらはグラフィックレンダリング性能を最大で50%アップさせることができます。カメラは1600万画素のシングルレンズと800万画素+800万画素のデュアルレンズをサポート。ディスプレイはHD+に対応。

Snapdragon439

CPUはオクタコアとなり内蔵されるGPU、Adreno 505により、グラフィックレンダリング性能は最大で20%アップ。カメラに関しては2100万画素のシングルレンズと800万画素+800万画素のデュアルレンズをサポート。ディスプレイはFHD+に対応します。

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です