Spigenのモバイル扇風機は『風力5段階調整』『スタンド式と手持ち2WAY仕様』さらに『長時間駆動』!

Pocket


 

毎日気温が35度を超えるという異常気象が続いています。少し外に出て歩くだけで汗が止まらず、熱中症で運ばれる方も増えています。暑さを物理的に改善させるためには体を冷やすしかありません。かと言って、ずっとクーラーのきいた室内にこもりっぱなしでいることも現状としては難しいです。

暑さ対策として、今年に入り爆発的に売れているアイテムがあります。それがモバイル扇風機です。充電式で持ち運ぶことが出来ることから、ガジェット感も満点。夏の必須アイテムとして定着されようとしています。

今回私が購入したのは、スマートフォンケースで世界的に有名なSpigenブランドのものです。風量が5段階に切り替えられ、デザインもシンプルで何にでも合わせやすいという優れもの。その他についてもデザイナーがしっかりと実用性を加味して作られていて、類似商品と比較して、ブランド品の強みを感じました。

それでは、Spigenブランドのモバイル扇風機について、詳しくレビューしようと思います!

Spigen モバイル扇風機徹底レビュー

パッケージデザイン

雑貨屋に合いそうなシンプルでオシャレなデザインです。左上にSpigenの雑貨ラインである『Tquens』のロゴが入っています。

 

パッケージの中身一覧

モバイル扇風機本体、充電スタンド、充電ケーブル、ハンドストラップ、取扱説明書

 

 

モバイル扇風機本体

とてもシンプルでバランスのとれたデザインです。持ち手部分の下に『Tquens』のロゴをさり気なく刻印。その下にダイヤモンド柄の加工が施されているので、ただシンプルというだけではなく、ブランドとしての差別化もしっかりと行われています。

 

 

充電スタンド

モバイル扇風機本体を差し込むことで、充電を開始するスタンドです。工学的に計算された角度で設計されており、スタンド時は顔に風が当たりやすくなっています。

充電時は電源ボタンの周りが赤く光るので、見た目的にもオシャレです

ストラップをつけたままでもしっかり差し込めるのは流石です。このあたりしっかり設計されていないと使えなかったりしますからね。

 

 

ハンドストラップ

持ちやすい形状をしているので落とすようなことは無いとは思いますが、ハンドストラップをつけておけばより安心です。2トーンの落ち着いたデザインで本体にも合っています。

 

 

USB充電ケーブル

扱いやすくクセが付きにくいフラット仕様の充電ケーブルです。充電スタンドを介さなくても、ケーブルのみで本体の充電が可能。コネクタはMicroUSB。

 

 

MicroUSB充電ポート

充電するためのポートはMicroUSBに対応しています。付属のスタンドや充電ケーブルからの充電以外にも、スマートフォン用のモバイルバッテリーやAC充電器を使っても充電できます。

 

手に持っていても疲れない重さ

Spigen モバイル扇風機の重さはたったの186gです。これは汎用的なスマートフォンの重さとほとんど同じ。普段スマートフォンを使っている人であれば、重いと感じることは無いと思います。

 

手持ちとスタンド式の2WAY仕様

外出時はスタンドから外して持ち歩き、家に帰ったらスタンドにさして充電しながらといった2通りの使い方ができます。

 

5段階に調節可能な風力設定

風の強さは5段階に切り替えることができます。モーター音が多少はするので、静かな場所では弱設定にしたりと調整できます。ちなみに電車の中では、一番強い状態で使っていても、電車の走る音にかきけされて周りを気にすることなく使えました。

Spigenモバイル扇風機 風力チェック!

https://amzn.to/2uSmKY9

 

最長12時間の長時間駆動

最長で12時間の連続駆動が可能と仕様には書かれているので、一番強い状態で使い続けても、外出時に電池切れを起こすということは無いでしょう。仮に電池切れになってもモバイルバッテリーなどですぐに復活できるのも利点の一つです。

フランフランの扇風機 フレ 2WAY ハンディファンが売り切れ続出!そんなに良いの?

子育て中に使いたい!絶対買っておきたい必須ガジェット!

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

SONY Xperia Compactの最新画像がリーク!縦長比率廃止で小型化か。出しても中途半端になりそうな予感!

SONYが過去にリリースしていたXperiaの『Compact』モデル。2017年に発売された『Xperia XZ2 Compact』を最後に発売が途絶えていました。今回@OnleaksことSteve ...

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.