フランフランの扇風機 フレ 2WAY ハンディファンが売り切れ続出!そんなに良いの?

Pocket
Facebook にシェア


 

どこの店舗でも売り切れ、フリマアプリでプレミアがついているフランフランの扇風機『フレ 2WAY ハンディファン』。ここまで売れているからにはそれなりの理由があるのでしょう。最近Spigenのモバイル扇風機を購入したばかりの私としてはその理由がかなり気になります。もしかしたらフランフランの扇風機を買っていた方が良かったのか・・・。

そこで、本当はどっちを買うべきだったのか比較してみることにしました。

フランフランとSpigenの扇風機徹底比較

パッケージデザイン

【Spigen モバイル扇風機】

 

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】

どちらも白を基調としたシンプルなパッケージです。フランフラン フレ 2WAY ハンディファンに関しては本体部分が切り抜かれ、中が見えるようになっています。

 

本体のデザイン

【Spigen モバイル扇風機】

 

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】

どちらも無駄の無い、とてもシンプルなデザインです。どんな部屋やシチュエーションにも合わせることが出来るでしょう。どちらも2WAY仕様で、持ち運びとスタンド式の両方で使うことができます。

充電スタンド

【Spigen モバイル扇風機】

 

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】

Spigenのスタンドは工学的かつ立体的に作られているのに対し、フランフラン フレ 2WAY ハンディファンのスタンドは円形状の変化の無いデザインです。質感や、お金をかけてきちんと作られていると感じるのはSpigenの方ですね。

 

USB充電ケーブル

【Spigen モバイル扇風機】

 

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】

どちらもフラットケーブルを採用しています。コード長も約83センチと同程度。もしかすると同じケーブルを使っているのかもしれませんね。

 

ハンドストラップ

【Spigen モバイル扇風機】

 

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】

どちらもホワイトにグレーのシンプルなツートーンデザインです。こちらも似てますね・・・同じものかも。

 

スタンド式として使った場合

【Spigen モバイル扇風機】

 

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】

Spigenは工学的に考えられた80度という顔に風が当たりやすい角度に調整されているのに対し、フランフラン フレ 2WAY ハンディファンは直立です。

 

風力切り替えについて

【Spigen モバイル扇風機】

 

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】

どちらの扇風機も、ボタンを押すことで5段階に風速が切り替えられます。

 

電池持ち(連続駆動時間)

扇風機のような機構が単純な家電に関しては、連続駆動時間がきになる場合はレビューなどを参考にするより、電池容量がどれくらいかを調べた方が正確です。

【Spigen モバイル扇風機】
3.6V/2600mAh
3.6V×2.6Ah=9.36Wh

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】
5V/1000mAh
5V×1Ah=5Wh

電池容量に関しては、Spigenが2倍程度大容量という結果となりました。フランフラン フレ 2WAY ハンディファンは、風力を強めにして使った時、結構すぐに電池が無くなりそうですね。

 

本体の重さ(スタンド含まず)

【Spigen モバイル扇風機】
約186g

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】
約170g

16g程度フランフラン フレ 2WAY ハンディファンが軽いです。しかし電池容量がSpigenモバイル扇風機の半分程度なので、軽い分連続駆動時間が短くなります。また、16g程度であれば持った時の体感はあまり変わりません。

 

発売価格

【Spigen モバイル扇風機】
 3,590円→1,990円 【7/31まで限定SALE】
https://amzn.to/2NIziJl

【フランフラン フレ 2WAY ハンディファン】
2,138円【売り切れ中】
http://zozo.jp/shop/francfranc/goods/30392054/?did=53568430&rid=758906

 

結果どっちが良かったのか・・・

買って良かったのか、悪かったのかをはっきりさせる為には比較あるのみ!私はSALE価格でSpigen モバイル扇風機を購入できたので、大満足という結果となりました。フランフラン フレ 2WAY ハンディファンを購入したいけど売り切れで買えないという人には、電池容量2倍で駆動時間も長い、そしてシンプルながらデザインも凝っている、Spigenのモバイル扇風機が激しくオススメです!

Spigenのモバイル扇風機は『風力5段階調整』『スタンド式と手持ち2WAY仕様』さらに『長時間駆動』!

子育て中に使いたい!絶対買っておきたい必須ガジェット!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

ハイガジェ注目トピックス

【通信料節約】NTTドコモのahamoより1円で格安スマホが買える格安SIMの方がお得な理由。おサイフに防水まで選び放題

ReadMore

Xperia、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い!超簡単な格安スマホの選び方。2百円でも高性能なスマホが手に入る!

ReadMore

楽天スーパーDEALに最新モデルmoto g PRO、moto g9 playが登場。モトローラスマホ祭り状態に!

ReadMore

楽天お買い物マラソンがスタート!OPPO Reno3 A、OPPO Reno AがスーパーDEALに!凄い還元率だ!

ReadMore

省エネ思考なら『OPPO A73』『OPPO Reno3 A』がお勧めな理由。有機ELディスプレイを目一杯活用しよう!

ReadMore

ブラックフライデー、サイバーマンデーでFire TV StickとEcho買った人は今すぐホームシアター接続!音が劇変!

ReadMore

NTTドコモがahamoを投入しても格安SIMの構図は大して変わらない理由。響くのは極一部。20GBで値下げは意味なし!

ReadMore

4日20時からポイント最大44倍の楽天お買い物マラソン!買いまわりはスマホアクセがお勧め!iPhoneやiPadもお得に

ReadMore

SHARP AQUOS sense 4着弾!Antutuスコアはミッドレンジごぼう抜き!凄いのは処理能力だけじゃなかった

ReadMore

今なら6万円台のZenFone 7とiPhone 12 miniのメイン性能を比較!買うべき5G対応スマホはどっちだ!

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.