inChargeは軽くてオシャレなどこでも充電ケーブル!モバイルバッテリーとスマホを片手で持ちながら充電可能!

Pocket
Facebook にシェア

 

スマホゲームが爆発的に流行っているので、電池の減りが早くモバイルバッテリーを持ち歩いている人は多いでしょう。モバイルバッテリーを持ち運ぶこと自体はそこまで苦になりません。煩わしいのはバッテリーよりケーブルです。

充電したい時にケーブルだけ無かったり、無駄に長すぎて喫茶店などで充電しようとすると目立って恥ずかしい思いをしたり。そんな充電ケーブル事情を改善してくれるのが『 inCharge 』です。

inCharge 』はホルダータイプの充電ケーブルで、鍵などと一緒にメインのキーホルダーにつけておけば、ケーブル忘れはほぼ100%ふせぐことができます。さらに『 inCharge 』の優れているところはミニマムでかわいらしいデザインです。雑貨色がかなり強いので、ぱっと見ケーブルではなく、オシャレなアクセサリーだと思う人が多いでしょう。

それでは、オシャレで利便性抜群な『 inCharge 』のレビューを行いたいと思います!

inCharge徹底レビュー

パッケージデザイン

inChargeのブランドロゴが入っただけのとてもシンプルなパッケージです。製品のミニマムさをコンセプトにしている製品なので、パッケージの大きさを最小限に抑えることで、その特性がうまく伝わってきます。

 

USB-Aコネクタ

モバイルバッテリーやパソコンと接続する側のUSBコネクタは樹脂で整形されています。通常の金属素材と比較して軽く、メカっぽさもありません。

 

接続コネクタ(3タイプ)

接続コネクタはMicroUSB、USB Type-C、Lightningの3種類用意されています。コネクタ部分には『inCharge』のロゴが刻印。プリントではなくしっかりと彫られているので高級感があり格好良い!

※LightningコネクタはMfi認証を受けていないのでその点は注意が必要です。

 

ケーブルのカラーバリエーション

inCharge』はケーブルのカラーバリエーションが豊富です。画像の3色以外にもライムやホワイト、レッドといったカラーが取り揃えられています。アクセサリーとして気に入る色が必ず見つかるはず。また、ケーブルの質感がとてもしっかりとしているので断線はしづらいでしょう。

 

マグネットでパチンっと収納

コネクタの内側にマグネットが取り付けられています。パチンっと音がするくらい強めにくっつくので、キーホルダーとしてつけている時に外れてしまうといったことは間違いなくありません。

 

inChargeの一般的な使い方

パソコンから充電及び同期

inChargeはミニマムサイズながら充電だけでなく、データ通信にも対応しています。ビジネスシーンでも役立つでしょう。

 

モバイルバッテリーやAC USB充電器を使って充電

スペースをとらずにどこでもサクっと使えるので、外出先で充電する時のストレスは大幅に軽減されます。

 

inChargeのすごくオススメな使い方

正直この使い方の為だけに買っても良いかもしれません!それくらい私は気に入りました。これはケーブルがフラット形状であることと、長さが絶妙であるからこそ実現できる使い方です。

電池が本当に少ない状態で、モバイルバッテリーで充電しながら使いたい時、スマートフォンとモバイルバッテリーを重ねて、片手で持ちながら充電できます。画像では2万ミリのゴツい充電器を使ってますが、カードタイプのものなどであれば使い勝手は抜群!

柔軟性があるので、ポートの位置がセンターに無くても少しづらして充電できるのもポイントです。

 

inChargeはどんなケーブル?

最初は見た目のデザインだけに目がいきがちですが、実際に使ってみると、それだけでは無いことが良くわかりました!見た目の良さと利便性の高さを兼ね備えたガジェットというのは中々お目にかかれないもの。充電事情で何かしらのストレスを感じている人は、おそらくこの『inCharge』を購入すると何かしらの軽減を得られるでしょうiPhoneとAndroid2台持ちなんて人にもオススメです!

 

inChargeのご購入はコチラ

※人気カラーは売り切れの場合あり

 →https://amzn.to/2Afsq4k

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.