ハイパーガジェットチャンネル

Huawei P20 Proは世界一のカメラスマホ!世界一のレンズを徹底的に守り撮りやすさもアップするケースはコレだ!

Pocket


世界一のカメラスペックを誇るHuawei P20 Pro

唯一のトリプルレンズ搭載端末であり、最も信頼されているカメラ性能比較サイト、DxMarkにおいて世界一の称号を得ているHUAWEIのP20Pro。

このスコアは静止画、動画、画質などを含めトータルにカメラ性能を評価したもので、P20 Proの評価はダントツ。3つのレンズを搭載したことによる効果が如実にあらわれている証拠です。

 

Huawei P20 Proはカメラの価値が本体価格の半分以上

スマートフォンの価格は大体、何のSocを搭載しているかに依存します。P20Proの場合はKirin970というSocを搭載しています。Huaweiが搭載しているSocの中では、今のところもっとも性能が良いものになります。しかし発売されてからそれなりの時間が経ったので、だいぶ流通しKirin970自体の価格がかなり下がっています。安い端末(Honor PlayやHonor V 10など)だと、Kirin970を搭載していても3万円台で買えてしまいます。カメラ性能は雲泥の差ですが・・・。

■3万円台で購入できるHonor Play

 

 

しかしP20Proの価格は118,000円。この価格差は完全に、カメラ性能によるものです。つまりレンズに傷などつけようものなら、P20Proの価値は半減してしまいます。絶対にそういったシチュエーションは避けなければならないので、是が非でもレンズを守らなければなりません。そこで最高のカメラを搭載したP20 Proにもっともオススメなケースを紹介します。

Huawei P20 Proにもっともオススメなケース

iPhoneの耐衝撃ケースのイメージが強いSpigenですが、P20 Pro用のケースも販売しています。今のところ2種類あり、看板商品であるラギッドアーマーと、レンズ保護と実用性を拡張したマークドアーマー。そして今回オススメしたいのは、断然マークドアーマーです。

■Spigen ラギッドアーマー

■Spigen マークドアーマー

Spigen マークドアーマーをオススメしたい理由

徹底したレンズ保護機能

メインの写真ではほぼ分からないのですが、マークドアーマーはレンズ周りが立体的な構造になっていて、かなり高い段差があります。段差をつけることにより、接する面がレンズに当たることはなくなり、物理的にレンズに傷がつくといったことはほぼ確実に防ぐことができます。

P20Proを含め、光学ズームや手振れ補正を搭載している端末は、レンズが本体よりも飛び出しています。よって、落としたり、机に置いた時に傷がつく可能性はかなり高いのです。

手ぶれや落下を防止する滑り止め機能

普通はレンズを保護することにより満足してしまうところですが、そこに止まらないのがSpigenというメーカーのすごいところです。

写真を撮る人ならわかると思いますが、撮影する時に手ブレを起こしやすいのは、シャッターを押す瞬間です。つまり、シャッターを押す側の手をどれだけしっかり固定できるかが、良い写真を撮る為のポイントとも言えます。

マークドアーマーにはシャッターボタンを押す手がかかる側(P20Proはボリュームボタンをシャッターとして使用することが可能画面をタップしてシャッターを切るより両手でしっかりと本体を持てます。P20Proを持っているのにこの機能を知らない人はかなり勿体ない)に、しっかりとした滑り止めがついています。広めに設計されているので、安定感も抜群です。

滑り止めは一箇所ではなく、角にもついています。2箇所でしっかり固定することで、手ぶれやP20 Proを落下させる可能性を、極限まで減少させることができます。

万が一落としてしまったとしても、Spigen御用達のエアクッションテクノロジーと、レンズ保護機能によって本体はガードされているので、壊れたり傷がつく心配は無いでしょう。

 

しかしここまでガチガチに機能性を高めると、恐ろしくゴツくてダサいケースになってしまうことが殆どです。機能性の高さと見た目を両立させているのが、Spigenというケースメーカーの魅力では無いでしょうか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
【奇跡】格安SIMのIIJmioでスマホSALE再延長!乗換でiPhone、Xiaomi、Motorolaが110円~

4月30日(土)まで、3~4月の繁忙期用特別キャンペーン『スマホ110円~SALE』を延長していた格安SIMのIIJmio。超大好評につき、なんと同キャンペーンが5月31日(火)まで再延長される事が決 ...

続きを見る

『LINEMO』『mineo』『NUROモバイル』『UQモバイル』『OCNモバイルONE』『IIJmio』の速度を実測
NUROモバイルが速い!LINEMO、mineo、UQモバイル、OCNモバイルONE、IIJmio、6社の通信速度実測

モバイル通信の速度が著しく低下しやすいのは、ユーザーが集中する平日『お昼』の時間帯。速度が著しく低下する理由は、高速通信が可能な『高周波帯域』が混雑するから。高速道路も渋滞すれば速度を落とさざるを得な ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

勢いで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えするとハマるかも。解約せずに0円で環境改善が正解。3GB+かけ放題は維持

楽天モバイルでは7月1日から新プランを導入。従来プランではデータ通信1GBまで基本料金『0円』。新プランで料金が改定され、0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1G ...

IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け入れ先に
【5月31日まで】IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け皿に。5分かけ放題90円など期間限定キャンペーン実施中

楽天モバイルでは2022年7月1日(金)から新プランを開始。従来プランから料金の改定が行われ、これまで通信1GBまで『0円』だった基本料金が『1,078円(税込)』に引き上げ。巷では楽天モバイルの『0 ...

67W充電と1億800万画素カメラに対応する5GスマホRedmi Note 11 Pro 5G登場
楽天モバイル版も!1億カメラスマホXiaomi Redmi Note 11 Pro 5GはFeliCaに67W充電対応

Xiaomiより 2022年5月19日(木)、大手グローバルスマートフォンメーカーのXiaomi(シャオミ)が、日本市場に向けて最新スマートフォン『Redmi Note 11  Pro 5G』をリリー ...

mineoはデータ無制限に10分かけ放題つけて1,540円
【神安】データ通信無制限に10分かけ放題つけて1,540円ってホント?楽天モバイル0円撤廃で見えたmineo真の実力。

『最大1.5Mbpsの通信速度でデータ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』が代表的なサービスとなる格安SIMのmineo。印象で捉えると最大1.5Mbpsを『遅い』と感じるかもしれま ...

楽天回線からスルッと乗り換えするならau回線
【月額千円以内】楽天モバイルからスルっと横スライドするならau回線!節約を継続出来る音声通話SIM5選。eSIM対応も

楽天モバイルは7月1日から新プランをスタート。従来プランではデータ通信1GBまでは基本料金『0円』だったのが、新プランでは0GB~3GBまで一律『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1GB ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-docomo, Gadget NEWS, HUAWEI, Huawei P20 Pro, Kirin 970, Spigen, Spigen マークドアーマー, カテゴリー, カメラ, カメラ, カメラネタ, スマートフォン, スマートフォンケース, 最新ガジェット速報
-, , , , , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信