DOOGEE S70はFPSに対応するゲーム専用コントローラーがついた、耐衝撃防水防塵ゲームフォン!

Pocket
Facebook にシェア


新進気鋭のスマートフォンメーカー、DOOGEEからリリースされたS70は、堅牢性(MIL-STD-810G)や防水防塵性能(IP68)を兼ね備えた、ニュータイプのゲームフォンです。

DOOGEE S70のSocにはMediaTekのHelio P23が採用されています。ややこしいのは、Helio P23には2種類のモデルが存在(MT6763TとMT6763Vの2種類。MT6763Vは低クロック版となり性能がやや劣る)し、Helio P23だけではどちらのモデルなのか判別できません。公式サイトでスペックを確認すると、オクタコア2.5Ghzとの数値が確認できたので、DOOGEE S70に搭載されるSocは、高性能版のMT6763Tと考えて間違いなさそうです。ゲームフォンとして売り出しているのに、低スペック版の方が搭載されていたら、それだけで買う気が失せてしまいますよね。

また、ゲームフォンとして一番大きな特徴となるのは、やはり専用コントローラーの存在です。プロモーションでは専用コントローラーを使って荒野行動かPUBGをプレイするシーンが映し出されており、FPSに対応するスマートフォン用コントローラーが殆ど存在しない中、それを見ただけで購買意欲が高まっている人が相当数いるはずです。

さらに、最近はフラッグシップモデルやゲームフォンへの搭載が目立つ冷却機能もしっかり装備。発熱は処理速度を遅くし、ゲームを重くする第一要因です。MediaTekのSocは発熱しやすいイメージなので、冷却機能がつくことはかなりのメリットと言えるでしょう。

内臓電池は5500mAhと大容量で、長時間充電なしで連続駆動が可能を可能。メモリー6GBにストレージは64GBと、ミッドレンジモデルとしては十分すぎるスペックです。

ゲームフォンはハイスペックで高価格といったイメージでしたが、こういったミドルレンジモデルが増えてくると、選択肢も広がってさらに市場が活性化する事と思われます。

DOOGEE S70は23,000円程度で販売予定。今ならindiegogo経由で申し込めば、最大40%OFFの激安価格で購入可能です。

https://www.indiegogo.com/projects/doogee-s70-world-s-first-gaming-rugged-smartphone/coming_soon

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.