スマホデザイン2018 最新トレンドの一歩先はスケルトン!内部の立体構造が最高に格好良い!

Pocket

 

最近スマートフォンのデザインはディスプレイの方に注目が移りがちでしたが、やはり独自性が出せて顔と呼べるのは背面です。色や素材、形状など、各メーカーによってそれは大きく異なります。

そんな見た目の主役とも言える背面ですが、日本市場を見ると、強化ガラスにグラデーション加工が施された、P20Proのようなラグジュアリーデザインがトレンドと言えます。海外でも少し早めではありますが同じような流れがあり、似たようなモデルが多数存在します。

しかし、最高スペックラインのフラッグシップモデルには、トレンドのラグジュアリーデザインを超えた、最新デザインが存在します。それが『スケルトンデザイン』です。スケルトンデザインと言えばひと昔前にAppleが発売した『G3』が頭に浮かびます。

 

 

G3はその斬新な見た目から、それまではビジネスシーンや一部のマニアに使われることが多かったパソコンの客層を、機械に疎い女性にまで広げることに成功しました。

スマートフォンはすでに一般的に広く認知されていて、ガラケーからの過渡期はすでに終えようしています。ですから、G3が発売された頃とは状況が明らかに違います。しかし、逆に動きづらい新たな客層を取り込むには、やはりスケルトンデザインのような斬新なデザインが必要とも考えられます。

スケルトンデザインのフラッグシップモデルとしてリリースされているのはHTCの『U12 + トランスルーセントブルー』とXiaomiの『Mi 8 Explorer』です。

HTC U12 + トランスルーセントブルー

微妙に内部が見える程度でスケルトン具合は少し弱めです。しかしその微妙に見えるところが、逆にオシャレを演出してくれるかもしれません。日本発売も開始されているので少しお金を出せば簡単に手に入ります。

 

Xiaomi Mi 8 Explorer

結構がっつり透けて見えます。この透けている部分が実物なのか、ダミーであるのか一部で物議を醸していますが、実際のところは分解してみないと分かりませんね。どちらにしても格好良いにかわりはないです。

それともう一台忘れてました。花火の様に一瞬で散ってしまったFire fox OS搭載の希少なスマートフォン『Fx0』もスケルトンデザインです。

 

Fx0 LGL25

暗い場所では内部が光って見えるなど、随所に遊び心が散りばめられていたFx0。OSがFire foxじゃ無かったらと悔やまれるところ。あとは2015年リリースなので、内部の基盤デザインがちょっとダサいですね・・・。それと上記2機種がガラス製で高級感が高いのに対し、Fx0はプラ製。

 

ご覧の様に、Android端末(及びFire fox 端末)にはスケルトンデザインが存在します。今買っておけば、まわりの注目を集め、トレンドに敏感な人にも自慢できることは間違いありません。

 

さて、ここで気になるのがiPhoneです。iPhoneにはスケルトンデザインのラインナップは存在しません。今後何かのサプライズで登場する機会があるかもしれませんが、あまり期待はできません。

しかしガッカリすることはありません。iPhoneには、iPhoneをスケルトンデザインに変身させることの出来るケースが存在します。しかもそのデザインは、元祖スケルトンデザインの『G3』がモチーフに。カラーバリエーションも豊富で、トレンド感では上記のAndroid端末をはるかに上回ります。

Spigen Classic C1(iPhone X)

Spigen Classic C1(iPhone 8)

 

Spigen Classic C1(iPhone 8 Plus)

 

iPhoneのリンゴマークが透けて見えるところも良いですね。このデザインを考えたデザイナーは本当にすごいと思います・・・。内側までかなり凝っているデザインなので、お値段は4〜5000円程度と若干お高め。それでも普通に考えれば、使用頻度は靴やカバン以上。ファッションやトレンドに気を使っている人にこそオススメしたい、究極のケースです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Xiaomi Japanが2月2日に5Gスマホを発表!通信キャリアの格安プランユーザー獲得が目的か。

Xiaomi Japanは1月28日、公式Twitterにおいて2月2日(火)14時から5Gに対応する新製品のリリースを行なう事をアナウンスしました。 / 📣 5Gスマートフォンを再定 ...

Apple iPhone 12がDxOMarkに登場!iPhone 12と同スコア122を記録。小型スマホではダントツ!

カメラ画質の比較において世界一有名なサイトDxOMarkが、Apple iPhone miniのスコアを公開しました。トータルスコアは『122』で先にスコアが公開されていたiPhone 12と同じ。2 ...

mineoがahamo、Softbank on Line、povoへの対策で利用料金値下げへ。通信品質は維持出来るのか

格安SIM(MVNO)のmineoが、新利用料金『マイピタ』を発表しました。各通信キャリアが3月からスタートする格安プラン『ahamo』『Softbank on LINE』『povo』への対抗策と言え ...

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

『Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiとAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.