OPPO R17 Proは超急速充電にディスプレイ内指紋認証、高性能深度センサー搭載の最新技術満載モデル!

投稿日:

OPPOが中国でOPPO R17 Proをリリースしました。

OPPO R17 Proに搭載されるSocはSnapdragon710なので、通常の認識ではミドルスペックという扱いに。しかし機能は完全にフラッグシップモデルという、ランク付けが非常に難しいモデルとなっています。

まずはカメラ。3Dによる認識が可能な本格的な深度センサーが搭載されており、4〜5mの範囲内においてはmm単位の深度まで測定できるとされています。ボケ具合とかすごく美しくなりそうですね。メインレンズのF値も1.5と非常に明るく、光学式手ぶれ補正と組み合わせることで、暗い場所でも鮮明な画像を提供してくれることでしょう。F値は1.5と2.4に手動で切り替えることが出来るので、Galaxy 9 Plusのような仕組みがとられていると考えられます。

次にフラッグシップ機への搭載が目立つ最新機能、ディスプレイ内指紋認証です。指紋認証センサーがディスプレイ内に埋め込まれているので、デザイン性、実用性どちらにおいてもプラスに作用します。センサーを大型化させることで認証速度も大幅に向上。スリープからわずか0.14秒程度でロックを解除するという劇的な進化を遂げています。

さらに独自規格の充電機能も『VOOC』から『SuperVOOC』にバージョンアップ。本体に搭載されているバッテリーのセルを2つに分けることで、それぞれのセルに対して5V/5Aの高出力で充電が可能に。前バージョンでは1つのセルに対して5V/5Aの出力を行っていたので、原理的に充電速度は2倍に。安全に充電を行う為に、チップが電圧を調整ます。それでもフル充電までは僅か47分。OPPO R17 Proには3,700mAhと大容量バッテリーが搭載されているので、このスピードはかなり早いです。

また、ノッチがかなり小さくなったデザインにも注目です。ノッチ嫌い派が徐々に増えている印象なので、このデザインはそういった層に対しても好印象と言えるでしょう。

OPPO R17 Proは10月中旬に7万円程度で発売開始予定。注目すべきはDocomoのプラチナバンド(Band 19)に対応しているというところ。もしかすると日本での発売も想定しているのか!?だとするとかなりの注目を集めそうですね。日本価格ではいくらになるのかお値段が心配ですが・・・

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.