Kirin 980を搭載したHuawei Mate 20 / Mate 20 Proは10月16日にリリース!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiは10月16にロンドンで開催されるイベントで、代表的なフラッグシップ機のMate 20とMate 20 Proをリリースします。

どちらの端末にも、IFA 2018で発表され大きな注目を集めている超高性能Soc、Kirin 980が搭載されます。さらにアップデートされるのはSocだけではなく、OSもHuawei端末としては初めて、Android 9.0 PieをベースとしたEMUI 9.0が正式ににインストール(お試しのβ版はすでに提供開始)されます。

これまでHuawei端末に搭載される最高スペックのSocはKirin970でした。そのKirin970の後継モデルとなるKirin980は、実質的にHuawei端末にとって最高ののSocということになります。

Kirinシリーズは元々高機能なNPUによる画像認識機能に優れ、Kirin980ではその機能をさらに強化。500枚の画像認識をわずか6秒で完了します。Snapdragon845が12秒、AppleのA11が25秒かかっている事からもkirin980の処理速度の速さが際立っていることがよくわかります。

さらに動画編集機能も強化。走っている人の背景を入れ替えるという、ハイスペックなパソコンを用意し、難易度の高い動画編集ソフトを使わなければ出来ないであろう技をスマートフォン上で可能としています。もう色々なものを超越しすぎていて何がなんだか分かりません。

前モデルのKirin970と比較すると、処理能力は75%、電力効率は58%向上しています。さらにGPUは46%パフォーマンスが上がり、消費電力に関しては178%の効率化に成功。どんだけ効率化するんだってレベルです。そしてGPU TURBOに対応するので、ここからさらに性能アップし完全に未知の領域へ。

カメラで撮った画像や映像のノイズを減らしたり、最新通信技術の5Gをサポートしたりと他にも高機能が盛りだくさん。Kirin 980を搭載したMate 20シリーズは、新型iPhoneの最大のライバルとなりそうです!快進撃を続けるHuaweiは、日本市場のシェアをどこまで広げることができるでしょうか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.