OPPO R15 Neoはスマホの『欲しい』を詰め込んだ満足度120%の格安モデル!

Pocket
Facebook にシェア

 

日本参入から伸び悩んでいたOPPOですが、ここにきてようやく日本市場というものを理解し始めたようです。『大画面』『長時間バッテリー駆動』『SIMフリー』『大容量』『デュアルレンズカメラ』『iPhone Xみたいなデザイン』、日本市場が欲しがっている要素をとことん詰め込んだのがOPPO R15 Neoです。

グローバルでは圧倒的な販売台数を誇るOPPOが、日本で最初にリリースしたのはR11Sというミドルハイスペック機。当サイトでもレビューさせていただきましたが、カメラ機能がとても優秀で処理速度も速い、どんな人が使っても恐らく不満は出無いであろうバランスのとれた端末でした。しかしいざ発売をしてみると、新規参入でブランド名が知れていないことや、価格設定がやや高すぎたことから思う程売れませんでした。

OPPO R11s 実機検証レビュー | 『撮って良し』『音質良し』『スコア良し』だけどシンプルで簡単!

もしかしてこのまま日本から撤退してしまうのでは・・・。そんな心配が頭をよぎったこともありました。しかし流石世界のOPPO!日本市場に広いアンテナを張り巡らし、市場に合った端末とは何なのかを研究していたようです。

OPPO R15 Neoは6.2インチの大画面ディスプレイを搭載。解像度はHD+(1520×720)とやや控えめですが、その分省エネで連続駆動時間は長くなり、コストも下がります。

さらに1300万画素のデュアルレンズはAIポートレートモードを搭載。OPPOのカメラ性能は世界的にも有名なことから、画質を心配する必要はないでしょう。

フロントカメラにも独自技術を使用。296ものポイントを正確にとらえるAIビューティーモードは、年齢や性別、肌質などに合わせた自然で美しい加工を可能にします。

Socには省電力設計で処理速度も向上したSnapdragon450を採用。4,230mAhの大容量バッテリーと組み合わせることにより、約2日間の連続使用を実現。

ゲームに関しても約11時間連続プレイ可能なので、1日中PUBG荒野行動をしていても電池切れの心配はほぼ無いでしょう。OPPO R15 Neoにはゲーム加速モードが搭載されているので、楽しみ倍増ですね!

だめ押しでストレージは標準で64GBと大容量!このクラスは通常32GB止まりなのですが、2倍の容量を採用することでお得感を高めています。メモリーは3GB/4GBと2モデルから選べるので、アプリの利用具合で好きな方を選べば良いかと!

価格は3GB/64GBモデルが25,880円(税抜)、4GB/64GBモデルが29,880円。スペックも価格設定もかなり絶妙!日本市場を調べ尽くした感があります。OPPOの存在を日本全体に知らしめる1台になりそうです!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.