Huami Amazfit Vergeは13,000円で買える長時間駆動のハイテクスマートウォッチ!

投稿日:

Pocket

 

先日AppleがApple Watch 4を発表したばかりですが、そのタイミングに合わせて、XiaomiのサブブランドであるHuamiも新しいスマートウォッチ『『Amazfit Verge』をリリースしました。

Amazfit Vergeは360×360の大型円形カラーディスプレイを搭載。AMOLEDを採用しているので、大型ながら省電力設計。ディスプレイを保護するガラスには、Gorilla Glassシリーズの中でも頑丈とされているGorilla Glass 3が使われているので、傷などを気にせずにアクティブな利用が可能となります。

また、デュアルコアプロセッサに512MB RAMの搭載と、内部スペックに関してもウェアラブル端末としては十分な仕様に。ただし、OSにはWear OSではなくHuami独自のオペレーションシステムが組み込まれているので、拡張性の部分ではやや物足りなさを感じるかもしれません。

メイン機能は『NFC』『GPS内臓』『心拍センサー』『IP68防水性能』『音声アシスタント』『スマートホームエコしステムと連携』など。通常のスマートウォッチに加え、IoT機器のリモートコントローラーとしても活躍してくれそうです。

価格はApple Watchの半額以下となる13,000円程度。お値段が手頃でデザインも魅力的で高性能。XiaomiのIoT家電を使っている人にとってすぐにでも欲しくなるガジェットであることは間違いないですね!

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.