Galaxy A9 Star Proは4つレンズ搭載!?本物志向にはたまらない!iPhoneとは逆の物理的進化へ!

更新日:



 

SAMSUNGは10月11日の発表会で、Galaxyシリーズの新機種をリリースします。招待状には『4倍の楽しみ』との文字が!

これはGalaxy A9 Star Proに搭載される予定の4つのレンズを意味しています。つい最近までデュアルレンズが最先端であり、それを超えたトリプルレンズを搭載したHuaweiのP20 Proが、世界一のカメラスマホとして認定され世界を驚かせたばかりです。

そのHuawei P20 ProのトリプルレンズをこえようとしているのがGalaxy A9 Star Proのクアドラプル(4つ)レンズです!リークされている情報を元にすると、レンズ構成は2400万画素+500万画素+1000万画素+800万画素となっており、2400万画素のレンズがメインレンズ、500万画素と1000万画素のレンズはズームレンズ(これにより3倍の光学ズームに対応)、800万画素のレンズは120度の広角撮影に対応します。

ディスプレイにはGalaxyシリーズでおなじみのスーパーAMOLEDを採用。ここまでのスペックでは完全にフラッグシップモデルを想定してしまいますが、残念ながらというか肩すかし感が強いのは搭載予定のSoc。Snapdragon845が搭載されても何らおかしくないのですが、Snapdragon660の可能性が高いようです。逆に言えば、これで価格をかなり抑えることが出来るはず。処理速度ではなく、物理的に良い画像を撮れるカメラスマホというコンセプトなのでしょう。

先日発売が開始されたiPhone XSやiPhone XS Maxは、SocのA12に搭載されているニューラルエンジンのAI機能により、背景を綺麗にぼかしたり美しい画像を作り出すことを目的としていました。

そういった意味では、レンズを増やすという物理的な手法はまさに真逆。あくまでもシステム的にではなく、本物のカメラとしての進化を追求している姿勢にはかなり好感が持てます。本当に写真が好きな人が支持するのは間違いなくこのやり方です。

一体いくらで発売されるのか?そしてとにかくサンプル写真が早く見たい!!!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

ASUS ROG Phone ZS600KL

スマホゲーマー憧れの端末、キングオブゲームフォンとも言えるASUSのROG Phone!まさか日本に参入してくるかとは思っていませんでした。最高の処理速度、最高の冷却機能。ゲーミングPCの快適さをスマホでも体感できる。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.