Galaxy A9はメインカメラに物理的なレンズを4つも搭載!カメラ好きも納得の超カメラスマホ!

Pocket
Facebook にシェア

Samsung新たなスマートフォンをリリースしました。Samsungと言えばGalaxy S9シリーズかGalaxy Note9が今のメイン端末ですが、今回リリースされたGalaxy A9はそのメイン端末よりもある意味注目度が高いです。

最も大きな特徴は、メインカメラに4つのレンズを搭載していること。今のところスマートフォンに搭載されているレンズは多くて3つ。4つとなると完全に異次元の世界です。

レンズは上から1つ目は800万画素でF値2.4、120度の範囲で撮影が可能な広角レンズ。2つ目のレンズは1000万画素、F値2.4の光学2倍ズーム。3つ目がメインレンズとなり、2400万画素でF値は1.7の高感度レンズ。4つ目は500万画素でF値2.2、深度を測る為の深度レンズで背景のぼかしの調整も行います。

広角撮影、ズーム撮影、高感度撮影、深度計測について全て別々のレンズで行うという贅沢仕様。 リリースされたばかりのGoogle Pixel 3やiPhone XSはAI機能を使って画像を解析し、背景のボカしや超解像ズーム( Pixel 3)を行なっています。一眼レフなどのカメラを使っている人からすると、AIによって擬似的に作られる画像に抵抗を感じてしまう人も多いでしょう。そういう人にはやはり、物理的なレンズ使って撮影を行うGalaxy A9の方がオススメ。

画面は6.3インチのSuper AMOLED Infinityディスプレイ(2220×1080)で、Socには最新のSnapdragon 710を搭載。800シリーズと比較するとやや性能は劣りますが、最新シリーズだけあり、処理速度やAI機能が大幅に強化。さらにバッテリーは3,800mAhと大容量なので、省電力設計のSnapdragon 710と組み合わせることで長時間連続駆動を実現しています。

メモリー6GB/8GBの2モデルが用意され、ストレージは128GBで価格は67,000円〜。11月に市場投入に予定。楽しみですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.