iPhone XRとiPhone XSはどちらを買うべきか?XSとの性能差 / XRの強み / 差額で買えるオススメ


価格ではかなり優位なiPhone XRですが、一般的には価格が安いと性能が著しく劣ると考えられます。性能差を出さなければXSが売れなくなるので、実際にそれは事実。しかし、著しくXRの性能が低いかと言われるとそうではありません。ではなぜXRは安いのか。それには2つの理由があります。

iPhone XRはなぜ安いのか?XSとの性能差はいかに!

iPhone XRが安い理由その1 ディスプレイ

iPhone XSには有機ELディスプレイが採用されています。有機ELはくっきりとしたハイコントラスト表示を可能とし、省電力性も高いです。XRはiPhone 8などと同様のLCDディスプレイ。黒の表現やメリハリのある色調の表示ではXSと比較してやや劣ります。

次に画面表示の細かさを表す解像度。XSがRetina解像度(2688×1242)なのに対し、XRはHD解像度(1,792×828)。数字だけ見ると確かにXSの方がかなり上ですが、画面サイズが6インチ程度だと、はっきりとした解像度の差を認識できる人は少ないと思います。気になる人は直接店舗に行き、実際にXSとXRの画面を見比べることをオススメします。また、通常は高解像度の方が電力消費が激しく、低解像度の場合控えめです。ただし、XSとXRの場合ディスプレイの仕様がXSは有機EL(5.8インチ)、XRはLCD(6.1インチ)と異なっているので単純な比較はできません。

iPhone XRが安い理由その2 カメラ

XSがデュアルレンズを搭載しているのに対し、XRはシングルレンズ。物理的な観点で見れば、XRの方が圧倒的に劣っています。では、実際のカメラの性能としてはどうかというと、実はそこまで大差はありません。

XSに搭載されている2つのレンズは、f1.8の広角レンズとf2.4の望遠レンズ(光学2倍)です。対するXRに搭載されているレンズはf1.8の広角レンズのみ。つまり、光学2倍ズームを使うことはできませんが、それ以外の部分は一緒です。背景のボカしなどはシステム上で行なっている(新しく搭載されたA12のニューラルエンジンによるもの)ので、そこもシングルレンズのXRとしては強みとなっています。Google Pixel 3もシングルレンズでカメラ性能は非常に高いので、近いものと考えて良いでしょう。一昔前ではデュアルレンズでなければ綺麗で自然な背景をボカした写真など考えられませんでしたが、AIの進化により不可能が可能な状態に。XRもその恩恵をモロに受けています。

 

細かく言えば3D Touchに非対応だったりということもありますが、そこは『Haptic touch』という新たな技術で補っていて、新たな機能を体感したい人にとって、それは逆に魅力かもしれません。では逆に、iPhone XRを『買うべき理由』はどの辺りになるでしょうか。前述した『安い理由』と比較して、どちらが自分の求めている端末なのか参考にしてください。

 

iPhoneXRは買いなのか?安いだけじゃない買うべき理由

iPhone XRを買うべき理由その1 圧倒的に安い

価格を比較すればはっきりと分かる通り、一番の魅力はやはり価格の安さです。64GBモデルで比較すると、iPhone XSより28,000円安いです。

iPhone XR

64GBモデル  84,800円
128GBモデル 90,800円
256GBモデル 101,800円

iPhone XS

64GBモデル  112,800円
256GBモデル 129,800円
512GBモデル 152,800円

 

iPhone XRを買うべき理由その2 A12 Bionicの搭載

A12 BionicはiPhoneを動かす核となる、最も重要かつコストが注ぎ込まれている部品です。Socと呼ばれ、通常はSocのスペックが上がれば上がるほど端末価格は高くなります。XRには、XSと同じ最新のSoc、A12 Bionicが搭載されています。28,000円もの価格差(64GBモデル比較)があって、同じSocが搭載されているというのはなかなか信じられない状況です。A12 Bionicは最近の比較では、MacBook Proを動かす力があるとまで評価されている、現在世の中に出回っているSocの中でも最高ランクの性能を誇ります。つまりXRは、世界最高レベルの処理能力を持った端末ということになります。

 

iPhone XRを買うべき理由その3 カメラの性能が良い

XRはA12 Bionicを搭載していることにより、AI機能の強化で画像処理能力が格段に向上。その一つとして被写体と背景を明確に識別できるようになり、一眼レフで撮ったような写真を、システム上のデジタルな処理で表現することが可能となりました。Android端末でも同様の機能は増えてきていますが、精度で言えばA12 Bionicを搭載しているXRの画像がやはり世界トップレベル。Google Pixel 3と共に、シングルレンズスマホカメラのイメージを変えることになるでしょう。

 

iPhone XRを買うべき理由その4 強化されたFace IDを搭載

iPhone Xから搭載された3D顔認証技術のFace IDがさらにパワーアップ。スピードや精度が向上しています。Face ID自体プレミアムな要素が強いので、XRでは使えないものと考えていました。しかしA12 Bionicと同様にしっかり搭載され、これは完全にサプライズ。

 

iPhone XRを買うべき理由その5 6.1インチの大画面採用

ディスプレイサイズはXSが5.8インチなのに対し、XRは6.1インチ。たったの0.3インチと思いがちですが、実際に比較すると印象はかなり変わります。6.1インチの方が圧倒的に大きいです。ゲームをしたりニュースサイトを頻繁に見る場合はやはり大画面がオススメ。

 

iPhone XRを買うべき理由その6 豊富なカラーバリエーション

iPhone XRには合計で6色のカラーバリエーションが用意されています。ベーシックなモノトーンカラーからカジュアルなものまで幅広く展開しているので、自分の欲しい色が見つかった人はかなりラッキーなはず。背面はガラス素材なので、明るい色でも安っぽさはありません。

 

iPhone XRを買った場合、差額で買えるモノ

iPhone XSとXRの差額は28,000円(64GBモデル比較)程度。では、28,000円でどんなガジェットが揃えられるでしょうか。

Apple AirPods

iPhoneで音楽を聞くとすれば、代表的なイヤフォンは間違いなく『Air Pods』です。Apple製品との連携が完璧だったり、連続使用時間の長さや音質の良さも高く評価されています。

 

Beats Solo3 Wireless

ヘッドフォンの代名詞ともいえる、Beats社のBluetoothヘッドフォン。圧倒的に長い連続駆動時間、そして音質は最高の音楽を提供してくれます。豊富なカラーリングもiPhone XRとぴったりマッチ!

 

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker

Boseの音が360度に響き渡る贅沢なスピーカー。防滴仕様などでお風呂で使うこともできます。Bluetoothによるワイヤレス接続なのでSiriとの連携もバッチリです。洗練されたデザインや持ち運びを考えた利便性の高さもBoseならでは。

 

Fire HD 10

iPadをオススメしたいところですが、少し価格的に高すぎます。そこでiPadのかわりにオススメしたいのがFire HD 10です。画面の美しさ、軽さ、駆動時間の長さなど、コストパフォーマンスは他のタブレットとは比較にならず、最高です。また、iPhoneではMicro SDカードが使えませんが、Fire HD 10であれば対応しているので好きな容量を増設可能。

GARMIN vivoactive3

ここも本来であればApple Watch4を推奨しておきたいところですが、やはり少し高いです。そこでオススメしたいのがGARMINのvivoactive3です。独自のスポーツアプリや最大7日間の長い連続駆動時間。50mの防水機能。Garmin Pay(非接触型決済)や超高性能なGPSアシストを搭載するなど、用途によってはApple Watchを超える高性能を持つスマートウォッチです。

iPhone XRはFACE IDやA12 Bionic搭載!なのに安価なサプライズモデル!

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です