Huawei Mate20proはiPhoneXSとGalaxyNote9を一気にぶち抜いた!!

Pocket

ついに発表されたHuaweiの最新Mateシリーズ。リーク情報通りの、スマートフォン業界を激震させる最強のラインナップとなりました。その最強のラインナップの中でも最も最強なMate 20 Proは、頭一つ抜きん出た存在でした!

3Dライブオブジェクトでぬいぐるみが動き出す!

Mate 20 Proの3Dライブオブジェクト機能を利用して被写体を3Dスキャンすると、まるで命が吹き込まれたかのように動き出します。

 

ARを使って一緒に写真を撮ることも。大好きなキャラクターやお気に入りのぬいぐるみと好きな場所で記念撮影♪拡張現実がこんなに早く身近に感じられるようになるとは驚きです!

 

3D顔認証とディスプレイ内指紋認証を同時搭載!最先端で最強のセキュリティー

Mate 20 Proの指紋認証にはDPS(Dynamic Pressure Sensing)と呼ばれる最先端技術が使われ、ディスプレイの中に埋め込まれているので通常のスマートフォンのように指紋認証キーが存在せず、背面もスッキリして非常にスタイリッシュに。

顔認証にはiPhone XSなどにも使われている3D顔認証技術を採用。約30,000点のポイントを立体的に記録して認証するので、平面の写真などではロックを解除することは絶対にできません。ディスプレイ内指紋認証と3D顔認証を同時に搭載している端末はまだ殆どなく、Mate 20 Proはセキュリティ面でも世界最高峰のスマートフォンであることは間違いありません。

 

距離が離れたディスプレイとも無線で接続

Miracastを使えば、Mate 20 Proを無線でディスプレイに接続しPCのように扱うことが可能に。今までPCモードはType-C USBを使った有線接続が必要でしたが、無線接続が可能になったことによりより一層手軽になり、未来感も高まりました。プレゼンなどでも大活躍することでしょう!ちなみに端末自体はタッチパッドとしても利用可能。

画面に表示した情報をAIが解析

ハイビジョン機能を使えば、画面に表示した建物など、被写体の情報をAIが自動的に解析して、詳細を表示します。Googleレンズが使えるようになれば似たようなアプリが2つあることになりますが、使い比べてみても面白いかもしれません。

 

まるでレンズを交換しているような感覚を味わえる

2.5cmまで近寄って撮影することができるマクロモードは標準的なスマートフォンのカメラを完全に超えています。これまではアタッチメントをつけたりマクロ撮影機能がついたデジタルカメラでなければこういった描写を撮影することは不可能でしたが、トリプルレンズを搭載したMate 20 Proは不可能を可能のしてしまいました。

マクロモードとは逆に、広大な美しい風景全体を記録できる超広角モードも搭載。超広角撮影では、これまでに写すことが出来なかった部分もしっかりと取り込みます。

ミラーレス一眼などは焦点距離が2倍になるので、風景写真を撮る時にそれなりの苦労をします。Mate 20 Proであれば近くも遠くも自分の好きな感覚で撮影可能に。3倍の光学ズームも搭載しています。現段階ではダントツで最強のカメラスマホとなりました。

 

世界最速のワイヤレス充電スピード

有線と比較してとにかく遅いというのがこれまでのワイヤレス充電技術。Galaxyの9W充電がワイヤレスの中では速い部類です。iPhone XSに関しては7.5Wです。Mate 20 ProはiPhone XS比較だと2倍の15Wで充電します。これは信じられないことです。ワイヤレス充電を一気に実用レベル、それ以上に引き上げたHuaweiの技術、おそるべし。さらに端末自体がワイヤレス充電器としても機能します。そこまでやるか・・・

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

続きを見る

【初月無料】値下げしたBIGLOBEモバイルの契約は月前半が一番お得!今なら最大3万円相当超の期間限定特典まで受けられる

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!2 BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを実際に利用したらYouTubeを480pまで快適に観れた! ...

続きを見る

1億カメラ&120Hz有機ELスマホRedmi Note 10 Proが3万円で登場!33W充電対応デュアルスピーカー

記事に書かれている内容1 3万円で1億カメラにリフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイ!Xiaomi Redmi Note 10 Proは超実用的なスペックが詰まったスマホ!2 Xiaomi ...

Samsung HM2搭載!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxは1億カメラが使えて2万円台の激安!

記事に書かれている内容1 2万円台でHM2センサーが使える奇跡!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxはカメラだけで買いなスマホ2 Xiaomi Redmi Note 10 Pro ...

IIJmioに乗り換えでシャオミ、OPPO、モトローラのスマホが110円に!4月から電話番号付きSIMが月額780円!

2月24日に新料金プランを発表し、4月1日からは通信容量2GBで780円(税込:858円)~という信じられない安さで電話番号付きの音声通話SIMを利用出来るIIJmio。4月1日前に契約を行っても、無 ...

AQUOS sense5GのSIMフリーモデルが3月12日から発売開始!AQUOS sense4との違いを比較検証!

SHARPが3月12日から発売を開始するAQUOS sense5GのSIMフリーモデル(SH-M17)。見た目はAQUOS sense4と同じAQUOS sense5G。一体どこが違うのかスペックを比 ...

最上位モデルGalaxy S21 UltraがDxOMarkに登場もS20 Ultraを下回る低スコア!中望遠画質が劣化

スマートフォンのカメラ画質を独自の検証によりスコア化している世界一有名なサイトDxOMark。今回新たに追加されたのはGalaxyの最上位モデルGalaxy S21 Ultra。トータルスコアは121 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.