Huawei Honor 8CはiPhoneみたいなフルディスプレイデザインで2万切りのトレンド超コスパスマホ!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiのサブブランドである、Honorがリリースしたトレンドと価格重視のスマートフォン『Honor 8C』。Honorシリーズはもはや本家のHuaweiを上回る人気です。

そんな大人気シリーズの仲間入りを果たしたHonor 8Cは6.26インチの大画面を採用。解像度はHD+(720x1520ピクセル)でiPhone XRと同程度。ノッチスペースをとりいれたフルディスプイデザインにより画面占有率を86.6%にまで高めています。

また、SocにSnapdragon626、GPUにAdreno 506を搭載することで、リーズナブルなモデルながら快適な動作を実現。メモリーは4GBで、ストレージは32GBと64GBの2モデルが用意されます。もっともMicroSDカードを256GBまで拡張できるので、容量に関してはそこまでこだわる必要はないかもしれません。

さらにHonor 8Cのカメラは1300万画素(f/1.8)+200万画素(f/2.4モノクロセンサー)のデュアルレンズ仕様。明るめのレンズを使用しているので、ボケ味をしっかりと表現し、かつ短い時間で光をたくさん取り入れることができるので、くらい場所でも手ブレしづらくなっています。AI機能もついているので、難しい設定不要で誰でも簡単にベストショットが撮影可能。

バッテリーは4,000mAhと大容量。ディスプレイ解像度が低めに設定されているので、電池の持ちの悪さを感じることは無いでしょう。10Wの急速充電をサポートしているので大容量ながらも充電時間は気にならない程度。

そして背面に上位機種であるHonor 10と同様の3Dナノレベルテクスチャデザインが施されているのはHonor 8Cのもっとも大きな魅力の一つ。見た目にこだわったスマートフォンを安い価格帯で購入したい人にはまさにうってつ。

Honor 8Cは4GB/32GBモデルが18,000円程度、4GB/64GBモデルが22,500円程度とかなり安めに設定されています。デザインがラグジュアリーであることからも人気沸騰中!3Dの本格的なゲームはしないけど大画面でブラウジングを存分に楽しみたい人には自信を持ってオススメできる1台です!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.