Huawei Honor 8CはiPhoneみたいなフルディスプレイデザインで2万切りのトレンド超コスパスマホ!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiのサブブランドである、Honorがリリースしたトレンドと価格重視のスマートフォン『Honor 8C』。Honorシリーズはもはや本家のHuaweiを上回る人気です。

そんな大人気シリーズの仲間入りを果たしたHonor 8Cは6.26インチの大画面を採用。解像度はHD+(720x1520ピクセル)でiPhone XRと同程度。ノッチスペースをとりいれたフルディスプイデザインにより画面占有率を86.6%にまで高めています。

また、SocにSnapdragon626、GPUにAdreno 506を搭載することで、リーズナブルなモデルながら快適な動作を実現。メモリーは4GBで、ストレージは32GBと64GBの2モデルが用意されます。もっともMicroSDカードを256GBまで拡張できるので、容量に関してはそこまでこだわる必要はないかもしれません。

さらにHonor 8Cのカメラは1300万画素(f/1.8)+200万画素(f/2.4モノクロセンサー)のデュアルレンズ仕様。明るめのレンズを使用しているので、ボケ味をしっかりと表現し、かつ短い時間で光をたくさん取り入れることができるので、くらい場所でも手ブレしづらくなっています。AI機能もついているので、難しい設定不要で誰でも簡単にベストショットが撮影可能。

バッテリーは4,000mAhと大容量。ディスプレイ解像度が低めに設定されているので、電池の持ちの悪さを感じることは無いでしょう。10Wの急速充電をサポートしているので大容量ながらも充電時間は気にならない程度。

そして背面に上位機種であるHonor 10と同様の3Dナノレベルテクスチャデザインが施されているのはHonor 8Cのもっとも大きな魅力の一つ。見た目にこだわったスマートフォンを安い価格帯で購入したい人にはまさにうってつ。

Honor 8Cは4GB/32GBモデルが18,000円程度、4GB/64GBモデルが22,500円程度とかなり安めに設定されています。デザインがラグジュアリーであることからも人気沸騰中!3Dの本格的なゲームはしないけど大画面でブラウジングを存分に楽しみたい人には自信を持ってオススメできる1台です!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.