ハイパーガジェットチャンネル

OPPO R17 Proはトリプルレンズとディスプレイ指紋認証搭載!P20Proを超えられるか!

Pocket

トリプルレンズカメラ搭載のスマートフォンといえはHuaweiのP20 Proです。そして最近発売されたばかりのMate20シリーズ。やはりトリプルレンズと言えばHuaweiのイメージ。しかしカメラに強いスマートフォンメーカーはHuaweiだけではありません。世界的なシェアを誇り、やや遅れて日本市場参入を果たしたOPPOです。そのOPPOがトリプルレンズカメラを搭載したスマートフォン『R17 Pro』をリリースしました。

虹色に輝く宝石にようなラグジュアリーデザイン

R17 Proはブルーとパープルのミストグラデーションを採用。光の当たり方によって様々な表情に変化します。ぜひ透明なケースをつけて、本体の美しさを見せびらかしましょう。

 

手触りの良さを追求した特殊加工

手に持った時の感触を徹底的に追求した結果、ガラスでありながらまるでシルクのような滑らかさを実現。緩やかにカーブを描いた背面の立体構造がやさしくフィットします。

 

大画面をさらに大きく見せる水滴型ノッチデザイン

P17 Proは6.4インチの大画面を採用しつつ、ノッチの大きさを水滴型の小型サイズにおさめることで、表示面積をギリギリまで拡大。画面占有率はiPhone Xの82%と比較して大幅に向上し、91.5%まで高まりました。さらにディスプレイには第6世代の最新コーニング・ゴリラガラスを採用したことにより、前シリーズより耐久性は約2倍に向上しています。

 

暗い場所でもしっかり描写するオートアパチャー

高度なオートアパチャー機能により、まわりの環境に合わせてF値が1.5〜2.4に自動的に変化。最適なF値を得られることで取り入れられる光の量やシャッタースピードもベストな環境に。オートアパチャーはスマホカメラとして一歩リードしたOPPOならではの最新機能です。

 

スマホカメラでは撮影が難しい暗がりの写真もバッチリ

1.4μm、1 / 2.55インチの大型センサーにより光を取り込める量が多くなり、光の少ない場所や夜景でもしっかりとした画質での撮影が可能に。さらに光学式手ブレ補正を搭載することで、手ブレによるリスクをしっかりと軽減させています。

 

夜景を見た時の感動をそのまま写真に投影

ウルトラナイトモードで撮影すると、撮ったままでは表現しきれない微細な表現をアルゴリズムが自動的に解析して画像に追加。まるで目の前で夜景を見ているかのような感動に包まれます。

 

超急速充電を可能にするSuperVOOCフラッシュチャージ

OPPO独自技術のSuperVOOCフラッシュチャージにより、3,700mAhの大容量電池をわずか10分で40%も充電可能。朝の支度をしている最中にあっというまに充電は完了します。

 

最新技術のディスプレイ内指紋認証搭載

フラッグシップモデルへの搭載が目立つ、デザイン的にもセキュリティ的にも高度なディスプレイに埋め込まれた指紋認証機能。フロントにもバックにも指紋認証キーが存在しないのでどこまでも研ぎ澄まされたスタイリッシュなイメージに。

 

フラッグシップ並のハイスペック

P17 Proはメモリー6GB、ストレージ128GBと、まるでフラッグシップモデル並のハイスペックを実現。SocにはSnapdragon 710を採用。ミドルレンジ向けながら、Antutuのベンチマークは17万程度。これはフラッグシップモデルと呼んでしまってもなんら問題無いレベルです。さらにゲーム高速化モードを搭載しているので、PUBG荒野行動といった処理能力が勝敗を左右するゲームでも優位にプレイすることができるでしょう。

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO R17 Pro, R17 Pro, SIMフリー, Snapdragon 710, カテゴリー, カメラ, スマホトレンドデザイン, スマートフォン, トリプルレンズ
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信