Huawei Nova 4はディスプレイ内カメラを搭載した5万円代のトリプルレンズスマホ!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiは予定していた通り、ディスプレイ内フロントカメラを搭載したフラッグシップモデル『Nova 4』をリリースしました。

Nova 4はディスプレイ内にフロントカメラを設置したことによりノッチがなくなり、その分画面占有率が86.3%に拡大。スライド式フロントカメラのように全面ディスプレイとまではいかずとも、小さなレンズホールのみなのでノッチタイプと比較して写真や映像を見る時の没入感が向上しています。

また、4800万画素の超高解像度トリプルレンズカメラモデルが存在するのもNova 4の大きな特徴の一つ。4800万画素クラスは世界最高峰のスマホカメラスペックを誇るP20ProやMate20Proと同等の描写力が期待されます。

サンプル画像を見る限り、スマホとは思えない圧倒的な描写力ですね。さすが超高解像度のトリプルレンズ!

しかし残念だったのはSocに最新のKirin980が採用されなかったこと。使われているのは一世代前のKirin970です。もっともKirin970もとても優秀なSocなので、どうしても最高の処理速度を体験したい!という人以外は不満を感じることは無いでしょう。

Huawei端末のフラッグシップモデルではお馴染みとなったGPUターボも勿論搭載しています。

Socは少し残念な結果となりましたが、メモリーは8GBと大容量。ストレージも128GBとノートパソコンクラスです。価格は通常モデルが5.1万円程度。4800万画素の超高解像度カメラを搭載したモデルが5.6万円程度と最新モデルとしては抑えめな価格設定。デザインとカメラに重点を置いてスマートフォンを探している人にとっては、すぐにでも飛びつきたいモデルのはず!すでに予約はスタート、発売は12月27日です。

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.