Xiaomi Mi Playはしずく型ノッチとフルディスプレイを17500円で体験出来る格安エントリーモデル!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiがリーズナブルなフルディスプレイデザインモデル『Xiaomi Mi Play』をリリースしました。最近はデザインだけじゃなく、モデルの名前も似てきましたね・・・。

Mi Playは最新のMIUI 10を搭載。ディスプレイは19:9比率で縦長タイプ。解像度は廉価版ながらしっかりフルHD+((1080 x 2280ピクセル)です。画面比率の高いフルディスプレイデザインなので、画面が高解像度であることは使った時にメリットとして必ず感じられるはずです。

SocにはMediaTek社の最新シリーズであるHelio P35を搭載。はじめて聞くSocだったので性能について少し調べてみると、Antutuのベンチマークは9万弱。これは少し前のミドルレンジを上回るもので、エントリーモデルにしては十分すぎる性能です。流石最新シリーズですね。日本ではあまり馴染みのないMediaTek社のSocですが、着々と進化を遂げています。

カメラはデュアルレンズ仕様。メインレンズは1200万画素でF値は2.2。最上位のフラッグシップモデル等と比較すると光の少ない場所での撮影が多少不利になります。セカンドレンズは200万画素。Xiaomiはカメラの品質が大幅に向上しているので、エントリーモデルとはいえその技術がしっかりと受け継がれているはずです。

また、MicroSDカードスロット非搭載モデルが増える中、Mi Playはしっかりとスロットを搭載しています。メモリーは4GBでストレージは64GB。3GB/32GBモデルがエントリーモデルの主流だったはずですが、この辺りも大幅にスペックアップしています。

これだけの性能で価格は2万円を切り17500円程度。フルディスプレイモデルを使いたい人にとってはすぐにでも買ってしまいそうなお値段です。さらに1年間、月に10GBのデータ通信が提供されるというのだから開いた口が塞がりません。羨ましい・・・。発売は12月25日の午前10時から、Xiaomiオンラインストアで開始予定!

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.