財布を忘れた時の対処法!『Line Pay 』『Suica』『自分銀行』からスマホを使って現金を引き出そう!

Pocket

外出先で財布を忘れた事に気づき、スマホしか持ってない。しかしどうしても現金が必要…そんな経験をしてしまった人、結構いると思います。私もつい先日やらかしました。そこで、その時に調べて分かった対処法を紹介します!

万能型電子マネーのLine Payはとりあえず入れるべき!

LINE Payから現金の出金が可能

昨年末まで20%バックキャンペーンが行われていたので、登録済みの人は多いはず!コンビニなどでの支払いはコレで済ませることが出来ますが、なんとLINE Payから現金をおろす事も出来るんです!

この事はまだあまり知られていない筈。Payを現金に変えられるというのがもっと認知されれば、一度チャージすると元に戻せないと思ってる人たちも使いやすくなるような気がします!

LINE Payから現金をおろせるのは7銀行のATM

これから取扱店舗は増えると思いますが、今のところ使えるのは『7銀行』です。7銀行を普段つかってない人からすると、ATMがどこにあるかも分からず不安になると思いますが、大丈夫です!7イレブンのATMは7銀行に対応しています。それならすぐに見つけられますね!

 

LINE Payは一日におろせる現金の限度額が決まっている

この限度額は自分で設定したり変更できる訳ではありません。私は最初にこの限度額が分からず、何度も出金エラーとなり、完全に怪しい人となっていました。それを回避する為にも、限度額を予め知っておきましょう。LINE Payからおろせる一日の限度額は『1万円』です。

そして裏技的な現金の入手方法をもう一つ。

究極の裏技!Suicaの中身を取り出そう

Suicaにチャージしたお金をむりやり現金化

このやり方はやや無理矢理感があるので、あまりオススメはできません。どうしてもどうしても困った時ににのみ利用しましょう。

まずはSuicaの使えるコンビニなどで買い物をします。そして支払いを済ませた後に、買ったものを返品。それだけです。システム上、いちどSuicaで精算したものは、Suicaに再チャージ出来ない仕組みに。不便なシステムだなとは思いますが、財布を忘れた時は逆に助けられます。

結果現金で戻してくれるのですが、お店には単純に手間がかかる事に・・・。必ず少し余分に何かを買い、一部だけ現金で返金してもらうようにしましょう!

 

備えあれば憂いなし!スマホで現金がおろせる自分銀行

普通の銀行と同じ感覚で使える安心感

『自分銀行』はauユーザーしか使えないイメージでしたが、そうじゃない人も簡単にオンライン上から口座を作れます。

しかも、スマートフォンを使ってしっかり現金がおろせます!コンビニでも一度に20万円までおろすことが出来るので、普通の銀行となんら変わりません。

そしてスマホで現金をおろす場合、こちらも対応しているのは『7銀行』です。さすがセブン&アイ・ホールディングス。利便性の追求がうかがえ、コンビニとしての評価もおのずと高まります。

しかし自分銀行の口座を持っていれば、財布を忘れることが怖く無くなりますね。電子マネーが使える店もどんどん増えているので、逆に財布を持たずに外出する機会の方が増えるかも!?

日本は電子決済で出遅れている感がありますが、電子通過→現金の流れがもっと増えれば、高齢の方でも手を出しやすくなるのではないでしょうか。スマホ1台で全て完結出来る未来に期待です!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Anker Soundcore Life Q35
【レビュー】LDAC対応で1万円ちょいのヘッドフォン!Anker Soundcore Life Q35の出来栄えとは。

『LDAC対応』に惹かれてまたヘッドフォンを購入してしまいました。Ankerの『Soundcore Life Q35』です。通常販売価格は『10,990円(税込)』。LDACに対応するヘッドフォンとし ...

楽天モバイルが『モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン』を開始!3ヶ月間データ通信無制限0円も同時開催中!

楽天モバイルより 7月29日、『楽天モバイル』がモバイルWi-Fiルーター『Rakuten WiFi Pocket 2B』の発売を開始しました。製品価格は7,980円(税込)。カラーはホワイトとブラッ ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
シャオミ Mi 11 Lite 5Gが搭載するSnapdragon 780GはSnapdragon Soundに対応!

最大手半導体メーカーQualcommが2021年3月にリリースした最新オーディオ技術『Qualcomm Snapdragon Sound』。先日Xiaomiは公式のWeiboで、同社のBluetoot ...

FlipBuds Pro
遂に来た!XiaomiのTWS『FlipBuds Pro』がアップデートでSnapdragon Soundに世界初対応

7月28日、Xiaomiは同社が提供するBluetoothイヤフォン『FlipBuds Pro』がファームウェア『ver7.6.2.9』へのアップデートにより世界ではじめて『Snapdragon So ...

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Apple, Apple NEWS, Gadget NEWS, iPhone, SIMフリー, カテゴリー, ガジェット最新情報, スマホ活用術, スマートウォッチ, スマートフォン, 最新ガジェット速報, 格安SIM
-, , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信